厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

調理業務功労者として厚生労働大臣表彰を受けた 矢野 賢造さん 厚木市妻田北在住 56歳

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

「料理でみんなを笑顔に」

 ○…調理師として第一線で働き、調理師の技術と資質の向上への指導に顕著な功績があった人に贈られる厚生労働大臣表彰を受賞。今月表彰を受けた。現在、厚木市中町の『和彩 旬の郷』の代表取締役を務めながら調理場に立つ。「店の仲間や常連客も喜んでくれたことが何よりも嬉しかった。応援されていることを実感し、改めて精進していきたい」と笑顔ながら気を引き締める。

 ○…福岡県の柳川で生まれ育つ。「勉強があまり好きでなかった」高校時代に「学校が嫌なら働け」と言われ母親の知り合いの料理店へ。嫌々始めたがものを作る楽しさに触れ「もっと覚えたい」という欲が。3年ほどお世話になった後、20歳で「どんな人にも自信を持って出せる料理を作れるようになりたい」と親方にお願いし東上。親方の伝で銀座や赤坂の店で修行。そこから赤坂プリンスホテルを経て新横浜プリンスホテルの調理場へ。39歳で同ホテルの料理長に就いた。しかし50歳の時に「和食は高級なものではなく身近な料理。気軽に味わってもらいたい」と店を起こす。「魚介類はそれぞれの産地のものだが、野菜は極力地元産」とこだわる。

 ○…現在は夫人と長男、長女と4人で暮らす。「仕事ばかりで子育ては妻に任せきりだった。父親失格ですよ」と苦笑。「でも今は子どもと一緒に酒を飲みながら『仕事とは』なんて話ができてうれしい。妻に感謝ですよ」としみじみ。

 ○…夢を聞くとまずは”生涯現役”とのこと。「この仕事を通じてひとりでも多くの人を笑顔にしたい」。また「今一緒に働いている仲間や今まで一緒に働いた仲間がずっと働ける場を作るために出店したり、出店をサポートしたりしていきたい」。温かさがにじみ出ていた。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

井上 真弓さん

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の

井上 真弓さん

厚木市三田南在住 65歳

3月26日号

矢野 賢造さん

調理業務功労者として厚生労働大臣表彰を受けた

矢野 賢造さん

厚木市妻田北在住 56歳

3月19日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter