厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

ZOOMUP 「勇気出して対話を」絵本に  愛川町の佐藤みち代さん

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
絵本を自費出版した佐藤さんと姉の瀧柳さん(右)
絵本を自費出版した佐藤さんと姉の瀧柳さん(右)

 ▽愛川町在住の佐藤みち代さん(54)と、脳性麻痺により車いすを利用している姉の瀧柳洋子さん(55・国立市在住)が絵本「ともだちになりたかったんだ」(ことこと舎)を自費出版した。個性的なキャラクターたちが対話により、相手の気持ちに立ってお互いを認め合う物語。勇気を出して話しかける「最初の1歩」の大切さを伝える。

 ▽物語は、声が大きくて周囲を怖がらせてしまう「くろくものグレー」が内気で自信をなくしている「星のツインクル」と友達になるまでを描いた。グレーは、自分の気持ちを伝えられなくて差寂しい思いをしているなか、風や小川、太陽などのキャラクターたちの言葉に耳を傾けながら、少しづずつ前を向く。著者名は、母が幼少期に姉妹を呼んでいた愛称「よこすけ」と「みちくり」を記し、瀧柳さんがストーリーを考え、佐藤さんが絵を添えた。

 ▽制作のきっかけは、妹の佐藤さんが姉に対して「何をやっても自信が持てない」と漏らした一言。姉の瀧柳さんは、2人の子供を育てながら重度障害者の自立支援を求める団体活動に取り組むほどの行動力の持ち主で、自身の目標の1つとしていた絵本の共同制作を提案。絵が上手な妹の幼少期に思いを馳せ、元気づけたいと考えた。

 ▽制作は、テーマの決定と分かりやすさにお互いの意見を言い合い、新型コロナの追い討ちもあって完成までに5年の時間を費やした。佐藤さんは「絵本に登場するキャラクターが背中を押してくれているようで」と言い、制作中に新しいことにチャンレンジ。現在、外国人に日本語を教えている。一方、瀧柳さんは3人の孫が読み聞かせをせがんだ様子を長女から伝え聞き、完成を喜んだ。

 ▽「自分のことと同じように相手も大切に」。物語の中には脳性麻痺による言語障害のある姉と、その気苦労や悔しさを自分のことのように捉えて育った妹の思いを投影したような一文が記されている。瀧柳さんは、「グレーは私でもあり、妹でもあり、あなたでもある。登場するキャラクターを自分に置き換えて読んでもらえたら嬉しいです」と話していた。

 ▽絵本は、インターネット通販サイトのアマゾンで購入できるが在庫は残りわずか。絵本は来年3月の日本自費出文化賞に出品し、その後に増刷を検討するとしている。絵本に関する問合せは【携帯電話】080・1827・7385佐藤さんへ。
 

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

災害時想定し初の訓練

災害時想定し初の訓練 社会

厚木市立病院と横浜低温株式会社

11月26日号

青空の下で買い物を

青空の下で買い物を 社会

日曜はキッチンカー出店

11月26日号

煩悩払いのヨガと瞑想

本照寺

煩悩払いのヨガと瞑想 文化

除夜の鐘は開始早める

11月26日号

犬のしつけ教室に36組

犬のしつけ教室に36組 社会

互いが快適に暮らすために

11月26日号

長年の貢献に表彰

長年の貢献に表彰 社会

厚木署管内で2人

11月26日号

「やさしさ」が力になる仕事

「やさしさ」が力になる仕事 社会

11月27、28日 福祉のしごとフェア

11月26日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook