厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

優しき喝采

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena

 今、このコラムを書いているのは、扉座公演『解体青茶婆』の初日の夜です。扉座は二十年近く、公演のほとんどを厚木市文化会館からスタートさせて頂いています。そして土曜夜の初日、日曜日の厚木楽日の二日間共に、大宴会が開かれて扉座をサポートして下さっている、市民応援団の方々と歓談をすることが常でありました。

 しかし今回はコロナ禍での公演なので、乾杯も一切なし。キャストもスタッフもお客様も終演後、面会もせず直ちに帰路につくことになりました。

 実に一年半ぶりの厚木公演なのに、どんなに味気なく寂しい公演になるかと不安でした。でもそんな心配は必要なかった。客席数も大幅に制限されて、小ホール半分以下の入場数でしたが、開演のかなり前からお客様たちが会館に集まって下さり、期待のメッセージをSNSなどに上げて下さったり、皆さんマスク着用で話し声が立つわけでもないのに、静かな中にもこの日を待っていた、という熱気が満ちていて、それが確かに我々にも伝わって来ました。

 終演の拍手も熱く、そして優しかった。待っていてくれた、お客さんに乗せられて舞台の出来もかなり良かった。けれどそれ以上に、芝居が劇場に戻って来た!そのことを心から皆で祝い合う、深い絆を感じさせてくれる響きが劇場中にこだましました。

 宿泊した厚木のホテルで興奮と幸福をしみじみ噛みしめつつ、また一つ厚木で得た特別の記憶を書き留めています。
 

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

ホテルカリフォルニア

無観客開催

無観客開催

8月20日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.13

横山 実のGOLF LIFE Vol.13

【13】 パッティングⅤ

8月20日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.12

横山 実のGOLF LIFE Vol.12

【12】 パッティングIV

7月16日号

優しき喝采

優しき喝采

7月2日号

生命維持装置

生命維持装置

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook