厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

フードドライブに協力を 村社協が12月から実施

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
食品の寄付を呼び掛ける村社協職員
食品の寄付を呼び掛ける村社協職員

 清川村社会福祉協議会が昨年12月から、「フードドライブ」事業を行っている。

 フードドライブとは、使いきれない食品を持ち寄り、必要としている人や福祉施設などを支援する活動。まだ食べられるにもかかわらず捨てられる「食品ロス」は、国内で年間600万トン発生しているといわれ、食べ物を無駄にしない取組みは全国的に広がっている。また、新型コロナの影響で食の支援を求める人も増えており、村社協では村と協力してフードドライブを開始した。

 昨年12月1日から、保健福祉センターひまわり館1階の村社協窓口前や村役場本庁舎正面入口に食品回収ボックスを設置。村社協によると、この1カ月間で缶詰や米、乾麺、菓子、レトルトカレーなど249個、約64kgが寄せられたという。12月下旬には、食品を必要としている人への提供も行った。

 村社協では今後も同事業を継続して実施する。寄付できる食品は常温保存が可能で賞味期限が2カ月以上あるもの。アルコール類や生鮮食品、賞味期限の表記がないもの、外装が破れているもの、賞味期限が2カ月ないものは受付できない。

 なお、寄付された食品の保管が長期化して賞味期限が迫ってきた場合は、県のフードバンクかながわに提供するなど連携を図る。村社協では「食品の寄付につきましてご協力をよろしくお願いします。また、食品が必要な方はお気軽にお問合せください」と話す。詳細は村社協【電話】046・287・1118へ。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

動く義手「バンク」で広がれ

七沢の神奈川リハビリテーション病院が拠点に

動く義手「バンク」で広がれ 社会

5月13日号

厚木SCが地元で試合

厚木SCが地元で試合 スポーツ

観覧を呼び掛け

5月13日号

8人に教育委員会表彰

愛川町

8人に教育委員会表彰 教育

社会教育、文化振興に功績

5月13日号

短歌で「福井新聞社賞」受賞

短歌で「福井新聞社賞」受賞 文化

厚木市在住の北村純一さん

5月13日号

「星の王子さま」の飛行機

特別養護老人ホームに

「星の王子さま」の飛行機 社会

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook