神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

ボクサー厚木勢 全国制す ジュニアチャンピオン

スポーツ

公開:2023年9月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
左から甲斐さん、里さん、山口さん、倉永代表
左から甲斐さん、里さん、山口さん、倉永代表

 未来のプロボクシングスターの育成を目指す「ジュニア・チャンピオンズリーグ」の全国決勝が9月3日、東京都の後楽園ホールで開催され、厚木市にジムを置くT&Tボクシングスポーツジム(倉永丈雄代表)の所属選手3人がチャンピオンとなった。

 日本プロボクシング協会ら実行委が主催。46階級ごと東・中・西日本、西部各地区大会優勝者でチャンピオンを決める。

  U―12、42・5kg級で優勝したのは厚木市立北小の山口強輝さん(12)。左アッパーを武器とするインファイター。小1から競技を始め5年で才能が開花。初めて全国優勝を叶えた。

 西部代表・丸山泰源選手をボディジャブの嵐で攻め、体勢が崩れた所をオーバーのストレートで決め、3-0の判定勝ちで勝利した。

 下依知在住の甲斐龍斗さん(17)はU―18、アトム級を制した。体操競技仕込みの体感と眼力でどんな姿勢からも鋭い攻撃を仕掛ける。昨年に続き3回目の全国制覇となった。

 今戦は西日本・浅野龍稀選手と対戦。開始早々の右ストレートが相手を捉えた。立て直そうとする相手に距離を詰め、2度目のスタンディングダウン。1R45秒の速さで勝利を決めた。

 海老名市立海西中学2年生の里心汰さん(14)はU-15・60kg級に出場。ボクシング歴1年ながら「まだまだ成長中」という175cmの体格を武器に戦った。

 相手は西日本代表・濱脇涼牙選手。相手が距離を詰めたところでカウンターを決め、ワンツーでスタンディングダウンを奪取。1R1分2秒で勝利を決めた。

 いずれもプロを目指す3人。勝負メシに地元の「魂心家」のラーメンをあげる。倉永代表は「厚木から夢を叶えてほしい」と勝利を祝った。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

6年ぶりに団員を募集

6年ぶりに団員を募集

市民芸術祭で第九に挑戦

6月15日

中学校用教科書を展示

中学校用教科書を展示

6月中に厚木市内各所で

6月14日

アンリツ冠試合に大興奮

はやぶさFC

アンリツ冠試合に大興奮

首位チームに快勝

6月14日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月14日

ミニバスで熱戦

厚木LC杯

ミニバスで熱戦

小5対象の大会

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook