神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

シルバー人材センター 定年後も「キラリ」と活躍

文化

公開:2024年6月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
収穫した野菜を並べる佐藤さん
収穫した野菜を並べる佐藤さん

 シルバー人材センターでは「自主・自立・共働・共助」を理念に掲げ、在籍する会員が地域の個人や団体の要望に応じて仕事をしている。仕事内容は、清掃や植木剪定、除草作業、家事全般など多岐にわたり、これまで培ってきた経験を生かして活躍中だ。

 県央地域には厚木市、愛川町、清川村、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市の各市町村に拠点があり、2024年3月末時点で約4400人の会員が登録している。

 今回は座間市と厚木市のシルバー人材センターに登録している会員に話を聞いた。

新鮮野菜を手に

 座間市の佐藤雅彦さん(87)は週に一度、家庭菜園で採れた野菜を座間市シルバー人材センター(同市東原)に届ける。

 シルバーの会員が届ける新鮮野菜は地域の人に好評で、座間市シルバー人材センターが開く「野菜直売日」の朝は行列ができるほど。「収穫した野菜をきれいに洗ってここまで届けるのは結構な重労働。雨の日でも欠かさず来ている」

 この日は、価格が高騰しているダイコンをはじめ、タマネギやホウレンソウなどを直売所に持ち込んだ。ここでの販売価格は一品100円が原則。「採算は合わないけど」と言いながら、検品する職員との時間を楽しんでいた。

 古希を過ぎた頃にシルバー人材センターの会員になった佐藤さんは現在、週に3日、公共施設で働いている。「毎週火・木・土で1日3時間の仕事。野菜を届けるのは水曜日だから、1週間はあっという間」と、充実した表情で直売店がある拠点を後にした。

植木剪定の道へ

 厚木市シルバー人材センターの植木班で、91歳の職人が剪定作業などで活躍している。

 飯田芳美さんはもともと歯車加工のエンジニアだった。定年近くになって韓国にわたり、技術指導に汗を流した経歴をもつ。帰国後に自治会役員となり、関係団体だったシルバー人材センターに会員として登録。60歳代後半でこれまでの経歴とは違う業界に飛び込んだが、造園の技術研修を地道に積み、一人の職人として再スタートした。

 「うちの植木を見てと毎年頼まれるのが嬉しくてね」。大型の脚立も軽々運び、疲れ知らず。毎日朝晩に4Kmを歩いて鍛え続けている。

説明会は随時開催

 各拠点では現在会員を募集している。登録するためには、各拠点で定期的に開催している入会説明会への参加が必要だ。入会資格は60歳以上で各拠点の市町村在住。

 問い合わせは各拠点の同センターへ。

剪定作業中の飯田さん
剪定作業中の飯田さん
定年後も「キラリ」と活躍-画像3

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

愛甲三郎納涼祭り

7月20日

愛甲三郎納涼祭り

甲冑隊パレードなど

7月13日

自主制作映画を上映

自主制作映画を上映

7月26日 厚木珈琲

7月12日

各地区で盆踊り

JAあつぎ

各地区で盆踊り

7月17日・24日

7月12日

着工控え市民向け説明会

厚木市複合施設

着工控え市民向け説明会

庁舎機能集約で利便性向上

7月12日

田んぼは生き物の宝庫

田んぼは生き物の宝庫

JAあつぎが生き物調査

7月12日

コラボ歌踊・展示大会

コラボ歌踊・展示大会

7月21日(日)厚木市保健福祉センター6F

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook