伊勢原版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

地元のおでかけスペシャリストに聞きました 連休直前特別企画 我がまち 観光自慢とこれからの展望

経済

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 自然・食・文化・歴史など豊かな地域資源にめぐまれている県央地区。厚木・伊勢原広域版発行記念で、それぞれわが街のおでかけ・観光スペシャリストにわが街の自慢、これからの観光産業の取り組みについて聞きました。

自然豊かでイベントも目白押し厚木市観光協会本厚木駅北口徒歩5分 アミューあつぎ 地下1階(営)10:00〜19:00 【電話】046・240・1213

 雄大な相模川と山々に囲まれる厚木市。「意外と知られていないけれど、飯山・七沢を中心とする温泉郷はすばらしい」と話すのは、(一社)厚木市観光協会の土井照夫事務局長。強アルカリ性で美肌の湯と知られる厚木の温泉。人気のスポットとして外国人観光客が多く訪れている。

 さらに神奈川の景勝50選に選ばれた飯山観音から白山へ上ると山頂からは関東平野や大山が見渡せる展望台もある。「トレッキングにも好評」という。相模川流域の三川合流点では夏になるとバーベキューが楽しめる。レジャーに最適の街だ。

 厚木市では年間を通してさまざまなイベントが催されるのも魅力の一つ。4月は飯山のさくらまつり、5月はポピー、つつじの祭り、8月は鮎まつりなど。

 2008年のB級グルメの大会「B―1グランプリ」で大賞を取った厚木シロコロ・ホルモンも美味。

地元の「歴史」「自然」を再発見しよう!伊勢原市観光協会伊勢原駅構内 駅ナカクルリンハウス年中無休9:00〜17:00 【電話】0463・95・5333

 「大山詣り」が文化庁の日本遺産に認定され1年。「伊勢原は歴史・文化・自然が溢れる場所。このゴールデンウィークには、ぜひ身近な観光地の再発見を楽しんでください」と話すのは、(一社)伊勢原市観光協会の二見緑さん。

 新緑の大山は家族みんなで楽しめる場所。一昨年リニューアルした大山ケーブルカーは2016年度「グッドデザイン賞」を受賞。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星が付いた大山阿夫利神社からの眺望は、晴れた日には相模湾も一望でき絶景です」。

 大山だけでなく、市内には観光地がいっぱい。開創1300年を迎えた、日本三大薬師のひとつ「宝城坊・日向薬師」を有する日向地区では川沿いでバーベキューも楽しめる。また相模国三之宮としても有名な比々多神社のある比々多地区では、野山に咲く多くの草花を見ながら自然と歴史を満喫できる。

刷新された厚木市のパンフレット。表紙はもちろん市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」がほほ笑む
刷新された厚木市のパンフレット。表紙はもちろん市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」がほほ笑む
「大山詣り」のオリジナル紙袋も完成。「伊勢原観光を楽しんだ後は、駅ナカクルリンハウスにもぜひお立ち寄りください」と話す。
「大山詣り」のオリジナル紙袋も完成。「伊勢原観光を楽しんだ後は、駅ナカクルリンハウスにもぜひお立ち寄りください」と話す。

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク