伊勢原版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

3社コラボで新銘菓完成 “大山”模した和スイーツ

経済

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
新商品をPRする(左から)加藤宗兵衛代表取締役、堀越隆宏代表取締役社長、高山松太郎市長、柏木貞俊会長=4月15日
新商品をPRする(左から)加藤宗兵衛代表取締役、堀越隆宏代表取締役社長、高山松太郎市長、柏木貞俊会長=4月15日

 伊勢原の生乳と丹沢大山茶を使用した和スイーツ「大山阿夫利246・生乳茶菓」がこのほど完成し、共同開発に携わった事業者3社が4月15日、先行販売に先駆けて高山松太郎市長に成果を報告した。

 商品は、市内の生産者や飲食店経営者らで組織される「伊勢原うまいもの遺産創造委員会」(柏木貞俊会長)が、地域活性化を目的に新名物の開発に取り組んだ成果の第一弾。柏木会長が役員を務める柏木牧場と、創業280余年の老舗茶舗、茶加藤(加藤宗兵衛代表取締役)、横濱ハーバーで知られる、ありあけ(堀越隆宏代表取締役社長)の3社によって共同開発されたもので、生乳に丹沢大山茶を加え、しっとりと焼き上げた一品。

 大山を模した形状に、大山阿夫利神社や参道を表す刻印が入り、また、カットした断面は大山のシルエットをイメージしているという。

 商品は4個入り税込み594円、8個入り同1080円。大山ケーブル駅内売店やOdakyuOX、柏木牧場、茶加藤本店などで4月24日(水)から先行販売される。同商品の売上の1%が市に寄付され、「日本遺産のまち伊勢原」の文化財の保護や保全、広報など観光客増加のために使われるという。

 この日、報告に訪れた柏木会長は「伊勢原の新たな手土産として、多くの方にお買い求め頂けたら」と話した。
 

カットした断面が大山の形をした商品
カットした断面が大山の形をした商品

伊勢原版のトップニュース最新6

一般会計は344億円

伊勢原市予算案

一般会計は344億円 政治

6年連続で過去最大

2月21日号

災害に備え EV活用

伊勢原市

災害に備え EV活用 政治

日産と電力供給で協定

2月21日号

大山道で連携深める

まちづくりサミット

大山道で連携深める 文化

歴史・文化的価値を共有

2月14日号

3選手がJリーグへ

産業能率大サッカー部

3選手がJリーグへ スポーツ

入団発表で活躍誓う

2月14日号

目標は「昨年超え」

かながわ駅伝

目標は「昨年超え」 スポーツ

9日 午前9時号砲

2月7日号

“日向石” 復活へ始動

“日向石” 復活へ始動 文化

歴史・文化を後世に伝承

2月7日号

介護者に憩いの場

ほっとカフェ

介護者に憩いの場 社会

歌声喫茶などで交流

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク