伊勢原版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

ミカン狩り はじまる 収穫シーズン到来

経済

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
ミカン狩りを楽しむ来園者=あかざと園(善波)で写す
ミカン狩りを楽しむ来園者=あかざと園(善波)で写す

 「フルーツの里」として知られる伊勢原。市内のミカン畑で、特産品のミカンの収穫が始まった。

 善波にある飯塚正晃さん(70)の「あかざと園」では、ミカン狩り用に「宮川早生」を栽培。12月上旬まで、ミカン狩りが楽しめる。飯塚さんは「台風の影響はなかったが、夜の冷え込みが少ないので、例年より1週間ほど色づきが遅れている」と話す。一方で「近年は温暖化の影響もあり、糖度が上がってきている」という。

 10月28日に同園を訪問した、相模原市と町田市から訪れた60歳代の男性と女性は「今年はすでに2回目。甘くておいしいので、来月も来ます」と話していた。

 同園ではミカン狩り用以外にも、さまざまな種類のミカンを栽培。直売所では贈答用などの品も取り扱っている。

 JAいせはら営農経済部によると、市内の栽培面積(かんきつ類合計)は27ヘクタール。柑橘部会に加入する農家は117戸にのぼる。直売価格は、極早生が2kg650円。市内の各直売所で買い求めることができる。

伊勢原版のローカルニュース最新6

綴連句の解読碑を建立

三ノ宮

綴連句の解読碑を建立 文化

心敬塚記念碑の敷地内に

12月4日号

リース素材を提供

大田地区青少年健全育成協議会

リース素材を提供 文化

クリスマスとお正月用

12月4日号

会員の健康のために

楽天会

会員の健康のために 社会

初のインフル集団予防接種

12月4日号

秋の実りに感謝

秋の実りに感謝 文化

伊勢原大神宮で新嘗祭

12月4日号

子どもたちが熱戦

少年野球

子どもたちが熱戦 スポーツ

初の6年生特別記念試合

12月4日号

レモンガスに命名権

平塚競技場

レモンガスに命名権 政治

来年2月から5年間

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク