伊勢原版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

新東名 道路情報板に地元の技術 伊勢原大山IC料金所

経済

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
同社が手がけた道路情報板の前に立つ社員ら。前列左から2番目が大田社長=12月7日に写す
同社が手がけた道路情報板の前に立つ社員ら。前列左から2番目が大田社長=12月7日に写す

 来年3月までの開通をめざして工事が進む新東名、伊勢原ジャンクション(JCT)〜伊勢原大山インターチェンジ(IC)間。伊勢原大山ICの料金所に設置された道路情報板の筐体は、市内白根にある(有)友和工業(大田正昭代表取締役)の金属加工の技術が生かされている。

 同社は1989(平成元)年8月に設立。金属加工業の会社として、道路情報板をはじめ、信号機用の制御機やトンネルLED灯の各種筐体(フレーム)などを製造。長尺加工の特殊技術を得意とする。同料金所情報板の筐体はアルミ製で、高さ約1・8m、横幅約10m。同所のほか新たに設置される東名高速道路・東京料金所の情報板筐体も同社が手がけている。

 12月7日に行われた新東名いせはらウォークには、全社員で参加。大田社長は「伊勢原で作ったものが、市内の料金所に設置されたので特別な思いがある。これからも品質第一で事業を展開していきたい」と話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook