伊勢原版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

伊勢原産 自然薯の収穫 最盛期 就農2年目の明果留さん

経済

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
自身の畑で収穫した自然薯を手にする明果留さん
自身の畑で収穫した自然薯を手にする明果留さん

 伊勢原市内で栽培される自然薯の収穫が、最盛期を迎えている。

 市内高森在住の明果留(あくたる)腕院(うでぃん)さん(58)は、上粕屋の畑で自然薯を栽培して2年目。バングラデシュ出身の明果留さんは、電気関係の元エンジニアで、2009年に日本国籍を取得。テレビ番組で自然薯の栽培を見たことがきっかけで、「食べている人の健康の役に立つ、『山の薬』とも言われる自然薯を自分で育ててみたい」と新規就農を決意した。

 明果留さんは、市内の農業生産法人での研修を経て、現在は約1反の畑を耕作。県農業技術センターなどの協力を受けながら、自然薯を栽培している。

 栽培1年目の昨年は、約700kgの自然薯を収穫。今年は約2000kgの収穫量を見込み、2月末ごろまでの収穫を続けている。

 「自然薯は、自然に近い環境で、丁寧に育てないと結果が出せない」と栽培の難しさを語る明果留さん。「人間の身体に良い伊勢原の自然薯を、いつか世界へ伝えたい」と夢を話した。

2020年県政報告・新春の集い

2月24日(月・祝)午後2時開会 伊勢原市民文化会館大ホール

https://watanabe-noriyuki.com/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

優秀な板金製品を選出

優秀な板金製品を選出 経済

アマダスクール 技能フェア

4月3日号

芝生広場が子どもの広場に

総合運動公園

芝生広場が子どもの広場に 社会

あす4日から利用再開

4月3日号

屋内利用中止期間を延長

公共施設

屋内利用中止期間を延長 社会

屋外は再開

4月3日号

伊勢原市の人事

伊勢原市の人事 政治

課長級

4月3日号

外国人介護福祉士が誕生

泉心荘

外国人介護福祉士が誕生 社会

EPAで4年前に来日

4月3日号

イベント中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク