横須賀版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

デッカー米海軍横須賀基地司令官の回想記を翻訳し、来月出版する「横須賀学の会」の代表 大橋 祥宏さん 富士見町在住 75歳

「デッカーさん」を今に

 ○…デッカー司令官の業績・人間性を尋ねると、資料に目を落とすことも無くすらすらと語る。その言葉の節々から、デッカー氏に対する思いが伝わってくる。感謝、感銘、尊敬、興味、驚嘆…。と同時に問いかける。「なぜデッカーさんの存在が、人々から消えたのだろう」。終戦直後の米海軍横須賀基地の司令官だったことを知らない人は多い。だからこそ「今」に呼び戻し、伝えていく意味はある。

 ○…司令官としての4年間の回想記『Return of The Black Ships』を3年以上かけて日本語に翻訳した市民グループ「横須賀学の会」。その代表として奔走してきた。「終戦から今日までの日本の民主主意を今こそ認識し直す必要があります」と力強く語る。日本語版『「黒船」の再来』の出版は来月に迫り、現在はゲラチェックなどの仕事に追われている。現役時代は(財)日本出版クラブに40年勤務した活字の専門家。1ページの行数を少なくするなど、「読みやすい」編集にこだわった。

 ○…自身も回想する。戦中は生粋の軍国少年だった。「小学1年頃から航空兵になりたいと思っていました」。その後終戦を迎え、米軍が進駐する。この時、田戸小学校の高学年。実体験として「(日本が)占領されたという意識はほとんどありませんでした」と振り返る。チョコレートをもらい、嬉しかった記憶もある。デッカー司令官に直接会ったことは無い。だが、当時多くの人が「デッカーさん」と呼び慣れていたという。同書では、その「デッカーさん」が日本人や横須賀をどのように見て感じたかを、そのまま読むことができる。

 ○…スポットを浴びていない横須賀の魅力はまだたくさんある。「15や20はすぐに言えますよ」と笑顔を見せる。明治時代に横須賀で見つかったナウマン象や、平坂で発見された平坂原人。我がまちへの興味・関心は尽きない。それが原動力にもなる。次は、どんな人物・出来事に光が当たるだろうか。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク