横須賀版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

新しい家族待つ被災犬 NPOが湘南国際村で保護

菊池さんに抱かれるミックス犬のモチ
菊池さんに抱かれるミックス犬のモチ

 福島第一原発事故の影響で飼い主が不在になり、路頭に迷ってしまった被災犬の”駆け込み寺”が、湘南国際村の一角にある。NPO法人「神奈川ドッグプロテクション(KDP)」(菊池英隆代表)が運営するシェルターだ。KDPでは、ここで保護した犬を飼い主の元へ返したり新たな里親へ引き渡したりと、橋渡し役を買って出ているが、今も駆け込みは後を絶たず、一部の里親は見つかっていない。

 菊池さんが福島県入りしたのは震災後の4月。原発事故後の避難命令により、人がいなくなり家畜やペットが取り残されている現状を報道で知ってからだ。

 「人命救助が第一。ペットの救出はどうしても二の次になる」。もちろん、葛藤はあった。「県内の犬ならいざしらず、他県の事情も知らない自分が出向いていいものか」。飼い主の許可無く犬を連れて行けば被災者とのトラブルになりかねず、場合によっては窃盗とみなされる可能性すらあった。

 しかし、同区域内で目にしたのは、鎖で繋がれたまま痩せ細った犬や道端に累々と横たわる動物の死骸だった。「命に待ったはない。助けなければ」。その思いが菊池さんを動かした。

 これまでに、現地に足を運んだ数はゆうに50回を超える。車に乗せるのは、主に路頭に迷う犬や飼い主のケアが行き届いていない犬。大型、小型、ミックス犬など、60匹以上を避難させてきた。

 保護した後は、ひとまず警察と保健所に報告。それから1年間を目安に国際村内で運営するシェルターで預かるという。

飼い主探し難航も

 犬たちの行く先は2つだ。飼い主に連絡がつき、無事家族のもとへ帰っていく場合。もう1つが、飼い主が見つからない、もしくは今後共に暮らせる見込みがなく、新たな家族に引き取られていくケースだ。

 後者の場合は、ホームページの告知や譲渡会を通じて、犬と里親希望者を引き合わせるが、引渡しには慎重をきたす。責任を持って育ててくれるか、経済的余力はあるか、互いの相性はどうか。「長い付き合いになる。時間をかけてでもその子に相応しい家族を探していく」

 KDPでは、これまでに約30匹を里親のもとに引き渡した。人気のある子犬や小型犬は比較的引取り手が見つかりやすいが、年齢やしつけの如何などでその逆もある。ミックス犬のモチは大人しい性格だが、10歳を過ぎていたり、過去に病気を患ったりといったことがネックになり、いまだ引き取り手は現れないという。

 震災から2年が経った現在でも、モチを含む8匹を預かっている。菊池さんは「震災を乗り越えた犬。この子たちにも新しい家族が見つかってほしい」と願いを込める。

 被災犬や譲渡会の情報は随時KDPのHP(「神奈川ドッグプロテクション」検索)で公開しているほか、個別の相談も受付けている。問合せはKDP松崎さん【携帯電話】090・5329・0289または【メール】cocoon10@live.jpまで。
 

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク