横須賀版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

救急医療センター 新港地区に移転拡充 運営は引き続き市医師会

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena
合同庁舎・警察署予定地に隣接
合同庁舎・警察署予定地に隣接

 三春町の横須賀市救急医療センターが4月1日(火)、新港地区に移転する。平日の夜間と休日に、内科・外科・小児科の3科を診察する一次救急の拠点として、年間3万7千人が受診する同センター。施設の老朽化や感染症対策などに問題点があったことから、建て替えや移転新設が議論されていた。新港地区の交流拠点整備計画の一環として昨年2月に着工。運営は引き続き、(社)横須賀市医師会が行う。

 同センターは、昭和55年に開設、平成17年から横須賀市医師会(遠藤千洋会長)が指定管理者として運営している。ここ数年、施設の老朽化が著しく、雨漏りなど補修を重ねていた。さらに、救急車から搬送した場合の導線やプライバシー、混雑時の渋滞など、さまざまな問題が頻出。市医師会ではこれらを解決すべく、平成18年ごろから施設移転を計画、市議会でも建て替え・移転に関して長年議論されていた。吉田市長は当初、施設の改修を打ち出していたが、平成22年、一転して新港地区に移転新築することを表明。現在、田戸台にある横須賀市医師会館も、老朽化で講堂などが使えない状況にあり、同会館も新設する救急医療センター内に移転することになった。

搬送・治療の導線確保

 新しい施設は、新港地区の「官公庁ゾーン」の一角に設置、面積は現状の1・8倍、待合スペースも2倍以上を確保。救急の搬送口も用意され、感染症などの隔離室や点滴室、授乳室も備えている。駐車場は70台分を確保しており、現状の問題点を概ね解消した形だ。2階は医師会館で、医師会主催の講演なども行われる予定。

 診療科目については、婦人科・耳鼻咽喉科などの診療も行う方向で協議を進めていたが、診療時間を現状の3科目に合わせるのが難しく、従来通り。市医師会会員のうち、約300人が輪番で診療にあたる。同センター長の高宮光医師は「横須賀は一次救急の体制が整っている街。初期救急医療機関として、今後も地域で信頼されるセンターを目指したい」と話している。

 なお、現センターの跡地は、一部を三春コミュニティセンターの駐車場として、残りを売却する方向。

横須賀版のトップニュース最新6

経済回復の起爆剤に

横須賀市

経済回復の起爆剤に 経済

「25%上乗せ」商品券販売

9月24日号

境内に「非常用トイレ」

西逸見町浄土寺

境内に「非常用トイレ」 社会

井戸水利用で災害時に対応

9月24日号

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook