横須賀版 掲載号:2014年8月1日号
  • googleplus
  • LINE

お笑いコンビ「バースディパーティ」として活動する 加藤渉(しょう)さん(芸名 加藤パーチク) 山科台出身 24歳

芸人として生きていく

 ○…「お茶の間を賑わすお笑い芸人になりたい─」。常識のある人間からは一笑に付されるような、そんな夢を本気で追い求めている。人目を引く奇抜なヘアスタイルは24時間芸人であり続けるための覚悟だ。活動の主軸は都内のライブハウス。いつ訪れるかもしれないチャンスに備えて、ネタづくりと笑いのセンス磨きに日々励んでいる。

 ○…大学時代のコンビ「門出ピーチク・パーチク」では、学生漫才王に輝いた。容姿端麗な相方と少し壊れたおとぼけキャラ。この設定が見事にハマった。”就職”の2文字は目にも耳にも入らないくらい活動は軌道に乗り、若手芸人の登竜門とされる深夜枠のテレビ番組にも頻繁に呼ばれるようになった。「少しの光が見えた」と思った矢先、プロの世界の洗礼を浴びることなる。「君たちの芸風は既出のもの」と番組担当者のキツイ一言。目指す方向性を見失い、今春、コンビを解消することになった。

 ○…芸人としての道はふたたびスタートライン。新コンビは、社会を賑わすニュースをシニカルな切り口で笑いに変換する時事漫才で新境地を開拓する。ネタ探しは新聞、テレビ、週刊誌とアンテナを張り巡らせる。客層や場の空気に合わせて伝え方にも工夫を凝らす。先ごろ、お呼びがかかった地元山科台の夏祭り。おろしたてのネタは不適切支出の元県議と中国の期限切れ鶏肉問題。子どもたちにも旬の話題を噛んで含んで教えながら爆笑を誘った。

 ○…高校生の頃、文化祭で漫才を披露した。「どかーん、と受けた。快感と高揚感に包まれて、もう最高な感じ」。舞台に上るのは、「記憶のどこかにしまわれたあの感覚を呼び戻したいからかもしれない」。一方で現実は厳しい。生活を成り立たせるにはアルバイトが不可欠。面白い芸人やライバルは星の数ほどいる。「先が遠くなることもあるが、芸人として生きていくと決めた。10年後もその先も同じでいたい」

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6件

小松 亜矢子さん

長沢にあるコミュニティスペースで相談拠点「まちの保健室」を開いている

小松 亜矢子さん

7月20日号

小貝 実佑さん

スタンドアップパドル(SUP)競技で世界をめざす

小貝 実佑さん

7月13日号

松尾 康範さん

『居酒屋おやじがタイで平和を考える』を上梓した

松尾 康範さん

7月6日号

中谷 栄輝さん

俳優としてテレビドラマや舞台を中心に活動する

中谷 栄輝さん

6月29日号

木村 紀夫さん

今月24日に舞台に立つ市民劇団「浜の隠居の会」で脚本を手掛けた

木村 紀夫さん

6月22日号

新田 果音さん

弓道の高校総体県予選会の個人戦で優勝した

新田 果音さん

6月15日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク