横須賀版 掲載号:2015年5月1日号 エリアトップへ

観音崎公園 スマホ片手に散策 動画と音声 最新アプリ

社会

掲載号:2015年5月1日号

  • LINE
  • hatena
AR最新技術を用いた公園アプリ
AR最新技術を用いた公園アプリ

 県立観音崎公園(横須賀市鴨居4の1120)の指定管理者「観音崎公園パートナーズ」では、スマートフォンのAR(拡張現実)最新技術を用いた独自のアプリを開発した。5月1日(金)から運用を開始する。園内の現在地が一目でわかるマップ検索やルートナビに加え、災害時は防災避難情報などが得られる。利用は無料。

災害時の避難経路指示

 県立観音崎公園は、東京ドーム15個分(約70ha)と県下随一の広さを誇る。同施設を管理する大谷紗織所長は、かねてから災害時の避難誘導などに不安を抱えており、横浜市のNPO法人「AR防災避難情報」から技術提供を受ける形で、今回の防災アプリを導入した。迷子対策などにも活用する。

 ARとは、カメラ越しに映し出された画像の上に様々な電子情報を重ねて表示する技術。同アプリを開いて、スマートフォンを公園内の空間にかざすと方角、目的地までの距離、位置情報などが表示される。

 公園内にある看板や構造物、管理事務所などで入手できる公園マップの紙面に画面を合わせることで、動画情報や音声による案内を得られる機能もある。ベビーカーの通行の可否やトイレの設置場所といった紹介に加え、ソリで遊べる傾斜面、ゴリラの顔に見える木の場所などのおたのしみポイントを把握できる。

 スマートフォン画面の下段にある「防災避難情報」のアイコンをタップして、360度の方角にかざすと

避難経路も指示される。

 観音崎公園アプリの入手と操作方法は(http://www.sop2015.org/)で詳細が確認できる。

 問合せは観音崎公園ビジターセンター【電話】046・843・8316

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook