横須賀版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

北斎は「横須賀人」だった!? 代表作を描くきっかけに

文化

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》1830年(文政末)年頃 斎藤コレクション
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》1830年(文政末)年頃 斎藤コレクション

 「西洋画家のモネ、ドガ、ルノアールを驚愕させた浮世絵師の葛飾北斎は、『横須賀人』だったことを知っておいてください─」 

 横須賀美術館で会期中の浮世絵展。自身のコレクションを披露している斎藤文夫氏が、関連企画として催された講演会で興味深いエピソードを紹介した。

 「90才まで生きた北斎ですが、その生涯は決して幸せなものでなく波乱に満ちていたそうです」。人気絵師ながら赤貧にあえぐ暮らしぶりで、住所を移すこと92回。60代のひところ、借金で江戸を追われ、「三浦半島・三崎の親戚筋を頼り浦賀に移り住んだ、と文献に記されています。場所は定かではないが、お寺に身を寄せていたようです」

 浮世絵の代名詞ともいえる北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。大波に翻弄される2隻の船の背後で微動だにしない富士山。波の一瞬を写実的に捉えた世界に誇る名作は「この地で相模湾の海を見て、想像力を広げたのでは」と斎藤さんは推察。燈明堂を中心に据えた「千絵の海 相州浦賀」も北斎が横須賀で過ごしたことを想像させる。

 両作品は、横須賀美術館の前期展示として12月6日(日)まで鑑賞できる。

横須賀版のローカルニュース最新6

「学びが可能性や選択肢を広げる」

夢を叶える。そのために必要なこと

「学びが可能性や選択肢を広げる」 社会

7月12日号

「SUPと出会い世界が広がった」

パリ五輪に狙い定め

目指すは横須賀初の「全国1位」

ファーム施設 今月末に稼働

ベイスターズ「青星寮」など

ファーム施設 今月末に稼働 スポーツ

7月12日号

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク