横須賀版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

料理研究家としてテレビ番組への出演や地元での食育活動を行う 長谷川 りえさん 野比在住 

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

”食財”の宝庫 魅力発信

 ○…芸能人との調理番組出演や出版社からレシピ本の執筆依頼―。都内から舞い込んでくる仕事と並行しながら、地元の幼稚園や小学校などで保護者向けの料理教室を開く。伝えたいのは技術だけでなく、食の観点から見た「横須賀の素晴らしさ」。地元食材のみを使用することで、市内にあるものだけで大抵の料理は作れる食材の豊富さを改めて地元民に感じてもらう。

 ○…手作りおやつを振る舞ってくれる料理上手な母、カラスミや馬刺しの味を教えてくれる食通な父に育てられ、幼い頃から”食”は身近に感じていた。初めて1人で作ったのはじゃがいものコンソメ炒め。「ドキドキしながら家族が食べるのを見ていた」。当時の記憶を今でも鮮明に覚えているのは、その”ドキドキ感”こそが料理の楽しさだと今でも感じているから。同級生を招いては手料理を振る舞い、喜ぶ顔を見るのが嬉しかった。

 ○…ソフトボール、陸上、絵画、多様な事に興味があったが、それで将来は描けなかった。短大を卒業後、石油会社に就職したが、そこに思いもかけない岐路があった。新規事業としてフード部門が立ち上がり、担当者に抜擢された。食品会社と共同で開発に没頭。上層部が推薦した商品に反対し、自分の味覚を信じて商品化したヨーグルト製品がヒット作となった。食に携わる楽しさを感じ、商品開発やイタリアンレストラン勤務などを経て、現在料理研究家として活動する。

 ○…結婚を機に市内に住んで約20年。津久井浜でのウインドサーフィン、閑静な野比の雰囲気を満喫してきた。「本当に素敵な場所」だと感じているからこそ、今後取り組んでいきたいのは地元の子どもたちへの食育活動。横須賀の”食の魅力”を伝えることで「一度外へ出て行っても、美味しい食がある街に、人は帰ってきたくなると思う」。人口減の問題を抱える市に料理研究家として一つ、提言する。

横須賀版の人物風土記最新6

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

早川 崇文さん

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める

早川 崇文さん

長沢在住 38歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク