横須賀版 掲載号:2016年2月5日号
  • googleplus
  • LINE

転出超過 「横須賀」全国ワースト2位 2015年人口移動報告で

経済

 総務省が先ごろ公表した「2015年人口移動報告」で横須賀市は、転出者が転入者を上回る「転出超過」が1785人に上り、全国ワースト2位となった。全国最多を記録した一昨年(2013年)の1772人とほぼ同水準。昨年は899人で歯止めが掛かったかのように見えたが、あらためて危機的な状況が数字として示された。

危機的状況脱せず

 同報告は住民基本台帳をもとに昨年1年間の転出入を算出したもの。神奈川県は転入者が転出者を上回る「転入超過」が1万3528人となり、昨年に続いて増加している。

 人口減少は横須賀市が抱える最大の課題。来年度中に40万人を割ることが現実視されている。これに対して、行政も経済界も強い危機感を抱いており、対策に乗り出している。横須賀市と横須賀商工会議所は連携して結婚、子育て世代をターゲットにした定住促進サイト「すかりぶ」を開設、情報発信を行っている。市では横須賀の魅力を冊子にまとめた全集を発行し、重点エリアとする横浜南部などへの配布を通じて若年世帯の呼び込みを行っている。商議所も独自の取り組みを進めているところで、郷土愛の醸成などを主なテーマにした事業で転出抑制を図っている。

 今回の公表結果に関して市の担当課では、人口に占める転出者数の割合は低く、転入者が伸びていない状況を説明。「横浜・川崎エリアで大規模マンションの開発があり、住宅供給数増加の余波を受けている」とした。吉田市長が掲げた「選ばれる街」のスローガンにもとづく定住促進政策を継続していく方針で「中長期的な視点で着実に実施していく」とコメントしている。

横須賀版のトップニュース最新6件

「街に音楽」活気呼び込む

うわまち病院 移転建替えへ

横須賀市

うわまち病院 移転建替えへ

8月24日号

終戦直後 悲劇の記録

浦賀港引揚船写真展

終戦直後 悲劇の記録

8月17日号

全国の大舞台 駆け抜けろ

大津中陸上部

全国の大舞台 駆け抜けろ

8月17日号

「そろばん使節団」で米国へ

岩戸小田邉さん

「そろばん使節団」で米国へ

8月10日号

「綿つみの詩」が聞こえる

横須賀市民ミュージカル

「綿つみの詩」が聞こえる

8月10日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク