横須賀版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

「献体事業」で全国初の協定 横須賀市と神奈川歯科大

社会

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
市と協定を結んだ鹿島勇理事長(中央)と平田幸夫学長(左)
市と協定を結んだ鹿島勇理事長(中央)と平田幸夫学長(左)

 横須賀市と神奈川歯科大学は15日、ひとり暮らしで頼れる身寄りがない人でも「献体」を行える協定を全国で初めて結んだ。市は生前の希望に基づいた死亡手続きや葬儀・納骨を支援する「エンディングプラン・サポート」事業を昨年7月から展開しており、その一環として登録者が献体を希望した場合に応じる。

身寄りのない高齢者対象

 献体とは、死後に医・歯科学教育や研究に貢献する目的で自らの遺体を無条件・無報酬で提供するもの。市内では神奈川歯科大学で受付けている。ただ、ひとり暮らしの高齢者などからの申し出は、死亡届の提出や納骨を行う”頼れる遺族”が不在となるケースが多く、大学側も断らざるを得ない実情があったという。今回の協定により本人の「医・歯学の発展に役立ちたい」という理念を叶えながら、一定の献体数の確保が見込めるようになる。

 市はひとり暮らしで収入・資産が一定額以下の高齢市民を対象に、エンディングプラン・サポート事業の登録を行っている。葬儀費用などに充当する20万円6千円以内で先払いすることで市が葬儀や火葬を見届ける。今後、献体を希望する人には、死亡届の提出、死亡連絡、納骨を市の事業として支援していく。

 献体登録の現状については、全国的に増加傾向にあり、登録者数の多い大学では一時見合わせているところも出ている。神歯大では昨年の登録者は745人だった。

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

“3密”避けた新マラソン

横須賀市×観光協会

“3密”避けた新マラソン スポーツ

クラウド上で1カ月間

10月23日号

三浦半島で「車中泊」いかが

三浦半島で「車中泊」いかが 経済

京急とベンチャーの新事業

10月23日号

近隣住民も反発

横須賀港新フェリー航路

近隣住民も反発 社会

生活に支障、港湾事業者に同調

10月16日号

男女団体で関東大会へ

湘南学院ゴルフ部

男女団体で関東大会へ スポーツ

“プロの卵”が躍進誓う

10月16日号

「歯ブラシ選び」専門家が指南

神歯大附属病院

「歯ブラシ選び」専門家が指南 社会

専門ショップ院内に開設

10月9日号

「地域クーポン」加盟低調

GoToトラベル

「地域クーポン」加盟低調 経済

手間な申請、事業者に浸透せず

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク