横須賀版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

長井海の手公園ソレイユの丘 相模湾一望の観覧車整備 高さ36メートル、園のシンボル

経済

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena
観覧車は江の島からも視認できるという(完成イメージ)
観覧車は江の島からも視認できるという(完成イメージ)

 長井海の手公園ソレイユの丘に、小型観覧車を目玉とする「ミニ遊園地」が整備されることになった。指定管理者の長井海の手公園パートナーズが自主事業として進めるもので、集客強化が主な狙い。年明け1月にも建設に着手し、7月下旬の完成をめざす。

「ミニ遊園地」低年齢層開拓

 市内で初となる観覧車は、高さ36m、ゴンドラ16基、定員64人というミニタイプ。相模湾側にある温浴施設とレストランの間のスペースに設置される。諸費用は2017年から2022年までのリース契約で5億円程度になるという。

 「富士山や江の島などを一望できるシンボルタワー。これにより施設の認知度を高めたい」と公園管理者は説明。このほかにメリーゴーランド、フロッグホッパー、ウォーターシューティングなどの遊具も整備する。既存遊具の大半が4歳以上を対象としているため、幼児が楽しめる施設を充実させることで来園者の増加につなげる考えだ。

 2日に開かれた都市整備常任委員会で市がこの件を伝えた。一部の議員からは、「農業体験公園のコンセプトとの整合性」を問う声も上がった。

海岸直結の散策路も

 来春には三浦半島初となるオートキャンプ場の開設も控えており、バンガローやテントサイトの建設がすでに始まっている。眼下の長浜海岸に直接アクセスできる散策路も整備していく方向で、気軽に磯遊びを楽しめるようにする。

横須賀版のトップニュース最新6

「働く+休暇」に熱視線

道路の損傷 LINEで通報

横須賀市

道路の損傷 LINEで通報 社会

市民が投稿、早期対応へ

4月9日号

「横須賀の恩人」偉業を回顧

デッカー司令官

「横須賀の恩人」偉業を回顧 社会

市民グループがパネル展示

4月2日号

「地域密着型バスタ」整備へ

追浜駅前

「地域密着型バスタ」整備へ 経済

バス停集約、駅直結の複合施設

4月2日号

「眠る戦跡」一般公開へ

貝山地下壕

「眠る戦跡」一般公開へ 文化

認定ガイドが案内

3月26日号

コロナ生還 実体験レポ

市内在住佐竹さん

コロナ生還 実体験レポ 社会

体調変化、隔離入院生活を本に

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク