横須賀版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

アスリートから指導者に 大津中教諭の上野さん

スポーツ

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
全国大会を控える選手にアドバイスする上野教諭(左)
全国大会を控える選手にアドバイスする上野教諭(左)

 陸上の中・長距選手として、中学・高校・大学で全国レベルの活躍してきた上野泰加さん(25)が、教員となって大津中陸上部で顧問を務めている。正確には臨時任用職員の立場。部活動指導も補助的な役割となるが、大舞台に何度も立ってきた経験を活かして、技術だけでなく、緊張の解き方やモチベーションの高め方などのアドバイスを生徒らにしている。取材で訪れた今月10日、熊本県で開幕する全国大会に出場する青木瑚夏(3年/女子共通走高跳)、小野夢(3年/男子110mハードル)の両選手の練習に付き添い、熱心に指導する姿があった。

 中学生時代にランナーとして頭角を現した上野さん。800mと3000mの2種目で横須賀新記録を樹立。後者に関しては、現在も破られていない。その後、横須賀高校から筑波大学に進み、「学生のオリンピック」とも呼ばれるユニバーシアード(ロシア)に選出、ハーフマラソンに出場し、9位の成績を残した。

 大学卒業後は教員になると決めていたが、迷った末に選手生活を続行。「『あの時続けていたら』。そんな後悔がいつか訪れるのではないか」。名門「積水化学」に進んだが、実業団の世界の厳しさは想像以上だった。2年間、自分の限界に挑む練習を重ねたが、結果を出せなかった。「努力してもたどり着けない場所があることを知った」。引退を決意した時、不思議と晴れやかな気分になれた。

 新たな挑戦は教員として、陸上の指導者として、一人前になること。生徒には部活動の意義をこう説いた。「目標に向かって、自分がどんな努力をしていくのか。それを考えることが大切」。その言葉は、教員生活2年目となる自分へのエールにも聞こえた。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク