横須賀版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた 秋澤 啓尚(ひろなお)さん 根岸町在住 22歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

苦労の山越え掴んだ光

 ○…「大会で初めてゴールテープを切った。こんなに気持ち良いんだなって」。かながわ駅伝で初優勝を果たしたチーム横須賀。主将、アンカーとして区間賞の走りで勝利に導いた。「監督含め、支えてくれた人たちが大喜びしてくれたことが何よりうれしかった」と笑顔がこぼれる。

 ○…兄の影響で陸上のリトルスクールに通い始めたのが公郷小3年の時。父に連れられて箱根駅伝を見学した。タスキを繋ごうと必死に走る選手たちの姿が、将来の夢を決定づけた。中学3年から徐々に頭角を現し始め、高校は駅伝の名門、藤沢翔陵高校に進学。「チームで喜びを分かち合える、誰かがミスしてもカバーできる、それが駅伝の魅力」と嬉しそうに語った。

 ○…生まれ育った神奈川で箱根を目指そうと、神奈川大学に進んだ。憧れの舞台で走りたい―そんな思いとは裏腹に、タイムが伸びず、学年が上がるにつれて焦りばかりが増していった。「苦しい時間が長かった」。遅れまいと練習のしすぎで貧血を起こし、また焦る、の繰り返し。負の連鎖が続いていた。そして4年の夏合宿で、ついに監督から戦力外を通告された。「このままではいけない」―体に負担をかけすぎていた今までのメニューを改善。朝練習を増やし、午後は休息の時間に充てる、自分の体に合ったスタイルを見つけ出した。すると夏以降、人が変わったようにタイムが伸びていった。直前の大会で認められ、念願のメンバー入り。8区を走り6位という好記録で大会を終えた。「小学校からの夢がかなった瞬間。一生の糧になる」

 ○…大学卒業後はNTT東京陸上競技部でさらなる高みを目指す。「マラソンにも挑戦したい。やるからには日本代表を」と自らを鼓舞する。その先に見据えるのは、横須賀の陸上競技レベルの底上げ。「自分が子どもの頃に憧れたように、今度は夢を与えられるような選手になりたい」と力を込めた。

横須賀版の人物風土記最新6

神馬 彩夏さん

横須賀市内で展開する「駅弁半島実行委員会」で事務局を務める

神馬 彩夏さん

浦郷町在住 30歳

5月7日号

阪本 昂平さん

来月3日に金沢区で行われる「金澤能」に出演する

阪本 昂平さん

追浜本町在住 22歳

4月23日号

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter