横須賀版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

海上自衛隊船越新庁舎 ヘリポート整備 地元に伝達 説明会で住民に不安の声

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
建設が進む船越新庁舎
建設が進む船越新庁舎

 防衛省・自衛隊が進めている船越新庁舎整備の中に、司令官等の人員輸送や物品輸送のためのヘリポート(場外離着陸場)を敷地内に設置する計画があることがわかった。今月17日、南関東防衛局が近隣住民を集めて説明会を開いた。設置予定地と田浦中学校の距離は道を挟んで約150mと接近しており、騒音や事故を不安視する声が多数あがった。同局では決定事項として理解を求めたが、住民側は継続的に説明を要求していく姿勢を崩さなかった。

田浦中に近接、150mの距離

 船越地区で建設中の船越新庁舎(海上作戦センター)は、かつて関東自動車がテストコースとして使用していた場所で自衛艦隊司令部、護衛艦隊司令部、潜水艦隊司令部、海上自衛隊の中枢部署が入居。2020年1月の完成を予定している。

 これらは計画の段階で地元住民に説明があったが、敷地内にヘリポートを設置する方針は伝えられていなかった。説明会で同局の担当者は、「緊急時の対応やヘリの効率的な運用をしていくため」と必要性を話したが、「批判をかわすための後だしじゃんけん」「教育施設に近すぎる」といった反発の声が場内に広がった。

 ヘリポートは、新庁舎前面の儀仗広場を設置場所としている。学校や民有地と離れた海側の空地を候補地として検討したが、鉄塔などの既存建物や津波の影響を考量して断念したという。同防衛局の担当者は、使用頻度は月平均3・6回程度で住宅地上空を避ける飛行ルートとするほか、学校行事への配慮を約束。田浦中で離着陸時の騒音レベルは80〜90デシベル(地下鉄の車内レベル)で、影響は少ないとの見方を示した。

 説明会参加者がオスプレイが配備された際のヘリポート使用を質す場面もあり、担当者は「自衛隊施設なので可能性は否定できない」と答えた。

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク