横須賀版 掲載号:2018年6月29日号
  • LINE
  • hatena

横須賀市議会 定数見直し「2減」大勢 12月議会に条例案提出

政治

 横須賀市議会で議論されている議員定数の見直しは、現行の41議席を39議席とする「2減」の方向で議論がまとまりつつある。今月21日に開かれた議会制度検討会議で交渉5会派のうち3会派が「2減」を主張、2会派はそれぞれ「1減」「削減の方針も改選期の直近の人口で判断」とした。今秋にも意見を集約させて12月定例会で定数削減の条例案提出をめざす考え。

現行の41議席→39議席

 同市議会が議員定数に踏み切ろうとする背景には、歯止めがかからない横須賀市の人口減少がある。前回(2015年)の市議選でも削減の議論はあったが、「二元代表制である地方議会の一翼として役割と責任が増大している」「40万人規模の中核市の議員定数はおおむね40人台」であることを理由に定数が据え置かれた経緯がある。

 市の人口は今年2月に40万人を割り込んだ。将来の人口推計でも減少傾向が続くことから、自由民主党の提案で2年前から定数の見直しが進められてきた。

 ただ、議員定数に明確な基準はなく、議会の判断で決めることができる。横須賀市と人口規模が類似している藤沢市と東京都町田市はともに36人、人口約56万人の八王子市は40人となっている。

 定数削減の口火を切った格好の自民党は、「全国でもトップクラスの人口減に準じる」として当初、各常任委員会から1人ずつ減らす「4減」を唱えていたが、各会派の意見を踏まえて「2減」に方針転換。無所属みらいと市政同友会も同様の考えとした。

 1万人に1人を議員定数の根拠とする公明党は、削減の意志を伝えながらも「改選期直近(秋頃)の人口動態で判断したい」と態度を留保している。

 「1減」の研政は、「人口比で定数を判断できない」と主張。議員削減が民主政治の縮小につながることを危惧しており、人口密度なども考慮すべきとの考えを示した。

 議会制度検討会議にオブザーバーの立場で出席している日本共産党は、「議会活動に支障が出ない範囲で進めて欲しい。どうしてもなら1減」とする意見を述べている。

横須賀版のトップニュース最新6件

谷戸の魅力発信「アート村」

5月に準備工事着手

横須賀火力発電所

5月に準備工事着手

3月22日号

観音崎の「大蛇伝説」舞台化

7万人の集客に挑戦

ウインドサーフィンワールドカップ

7万人の集客に挑戦

3月15日号

東京駅工事写真 市施設で発見

「横須賀の川」1冊に

自然観察グループ

「横須賀の川」1冊に

3月8日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク