横須賀版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

三浦学苑女子バレー部監督として、初の「春高バレー」出場を決めた 関塚 康乃さん 三浦学苑高校教諭 32歳

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena

奮闘実り「春」が来た

 ○…何もないところから女子バレーボール部を立ち上げて7年目。チームを初の「春高」へと導いた。「やっと大きな目標を達成できた。選手たちのおかげ」と安堵にも似た笑顔を見せる。

 ○…学生時代はバレーボール漬けの毎日だった。出身高校は、決勝で対戦した強豪・川崎市立橘。守備の要・リベロとしてチームを支えた。自他ともに認める負けん気の強さで「監督にいくら怒られても『なにくそ』と逆に気合いが入るタイプ」と笑う。進学した国士舘大学でも4年間ボールを追い続けた。大学生活の終盤、教員か実業団か考え「そろそろ汗をかくのはいいかな」とあっさりと指導者の道へ。すぐに、三浦学苑の当時男子の監督だった同大ОBの上口氏に誘われ、女子バレー部を任された。

 ○…「振り返れば大変な7年」―。希望者を募り創部には漕ぎつけたが、体育館使用もままならず、練習は専ら屋外。週末は、中学校に頼んで練習試合を組んでもらった。力のある選手をスカウトしようと中学校に連絡するも、会わせてすらもらえず。鼻で笑われることもしばしば。それでも「負けず嫌いは選手時代と変わらない。むしろ燃えた」と悔しさを燃料に変え奔走。学生時代を知る教諭から控え選手ならと紹介してもらった。「自分の手で育てて、強豪に勝って見せる」―地元の選手を中心に着々と結果が出るようになっていった。

 ○…念願だった「春高」出場を決め、強豪校の一角にまで成長。「創部当時には夢にも思わなかった」。ドラマのような展開に自身も改めて驚くが、照準はすでに次のステージへ。「出場することは目標であり、ゴールではない」と大舞台に気を引き締め直す。「三浦学苑の活躍を見て、横須賀でバレーをやりたいという子どもが増えてほしい」

横須賀版の人物風土記最新6

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク