横須賀版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

今月17日に凱旋試合を行うプロレスラー 横須賀 ススムさん(望月 享) 三春町出身 40歳

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

悔しさを闘う原動力に

 ○…横須賀での試合は約20年前、今のヴェルニー公園での興行に出場して以来。「長年望み続け、ベストなタイミングにセッティング出来て嬉しい。来てくれるファンに納得してもらえる闘いを観せたい」と気合を入れる。

 ○…身長173cm、体重77kgと、プロレスラーとしては決して恵まれた体型とは言えない。リング上では相手の持ち味を試合で最大限に引き出しながら最後は自分のペースに持っていく、”魅せる”試合を演出するファイトスタイル。「テクニックマスター」のあだ名で支持を得ている。

 ○…山崎小、大津中と横須賀で生まれ育った。転機となったのは高校1年の時、偶然観戦したプロレスの試合。大柄ではない選手が目の前で繰り広げられる迫力ある戦いぶりを自身と重ね、「これだ」と心が揺さぶられた。すぐに高校を中退し、プロレス団体へ入門したが、先輩との確執もあり半年ほどで退団。地元へ戻り、20歳の時にレスラー育成の募集を見つけて単身メキシコへ渡った。言葉も通じない中、無我夢中で練習に打ち込んだ。「退団先の先輩から皮肉を言われ、かえって闘志に火が付いた。挫折が今の自分の中で生きている」。朗らかな口調から「悔しさ」が「感謝」に変わったことが伝わってくる。

 ○…リングネームの「横須賀」は出身地という理由で意図せず改名させられたものだが、「馴染みある名前ですんなり受け入れられた。今となっては良かったのかな」と笑う。40代になり、「年齢を言い訳にできない」とこれまで以上にトレーニングを重ね、コンディションを維持する。だが一方で「1年でも長く現役を続けたい」と本音も。今回の凱旋を機に、「地元でも定期的に試合を開き、根付かせたい」と話す。憧れから始めたプロレス、今度は憧れられる番だ。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク