横須賀版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

ショッパーズプラザ横須賀 表現の場 一旦区切り 7千回超のステージ、存続望む声も

文化

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
賑わうステージライブ風景(昨年8月)
賑わうステージライブ風景(昨年8月)

 音楽やダンスなどアーティストの発表の場として四半世紀以上にわたって市民に親しまれてきたショッパーズプラザ横須賀のセンターステージが一つの区切りを迎える。同施設のリニューアル工事に伴い、使用できなくなる。同ステージの出演者などから惜しむ声が上がっている。

 施設開業の1991年、地元有志のアーティストらが運営会社へ掛け合い、期間限定の市民発表の場としてステージを設置。商業施設内で一般市民が気軽に出演できる舞台を作ることは当時、全国的にも前例がほとんどなかった。出演者や買い物客からは好評で、こうした声に後押しされる形で常設会場となった。

 週末を中心に地元学生の吹奏楽やダンス、ハワイアンフラといったサークル活動など、今年1月29日現在で7512回のステージに延べ42800もの団体や個人が出演。横須賀出身の兄弟ピアノデュオ「レ・フレール」も無名時代からステージで演奏を行い、全国に名を馳せていった。昨年末に施設の一時休業の情報が広がり、ステージの今後の予定が発表されていないことから、アーティストを中心に存続を望む声が上がっている。

 市内在住の姉妹ピアノデュオ「花音」もステージに縁の深いアーティストの1組。2012年にこの地でステージデビューを果たして以降、毎年欠かさずコンサートを行っている。姉のMOMOKAさんは「憧れのレ・フレールさんに初めて直接会えた大切な場所」と話す。妹のHIKARIさんは「みんなに囲まれた温かなこの会場でまた演奏したい」と続ける。

 自身もミュージシャンでステージの運営やアーティストとの橋渡し役を担ってきた市民団体「よこすかアーティストドットコム」代表の小島英治さんは、設置から携わってきた中心人物。「初めは認知度が低かったが、今ではこの地に立つことを目標にする子どもたちがいるほど浸透した。これほど身近に感じられるステージは全国を探してもないのでは」と話す。これまでの運営会社からの協力に感謝しつつ「これからの世代が夢を発表でき、地域と人を繋ぐ場として、どんな形であっても残し、再開してもらいたい」と語った。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク