横須賀版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

小学生バスケ 掴んだ初の全国チーム支える2人 武山女子が県大会制覇

スポーツ

全国大会に向け、意気込むメンバー
全国大会に向け、意気込むメンバー

 全国大会につながる神奈川県ミニバスケットボール大会の決勝が先月26日、平塚市内で開かれ、武山ミニバスケットボールクラブ女子が横浜市のチームに勝利し優勝を果たした。同クラブ史上初。3月に群馬県で開かれる全国大会に出場する。

 年間に4つある主要大会のうち、全国につながるのは同大会のみ。1982年の創設以来初の優勝に「子どもたちが良く頑張ってくれた」とヘッドコーチの中村優仁さんは選手を労う。

 週3回の練習に加え、週末は他県での練習試合で技術を研鑽。特長は、高さを活かした攻撃とフォーメーションの多さ。「誰か一人に頼るわけではなくではなく、全員で攻めて守るチーム」。いくつもの攻撃パターンを用意し、相手の守りを崩していく。

 決勝では横浜市の「中山ジュニアバスケットボールクラブ」と対戦。1点を争うシーソーゲームを繰り広げ、最後は5点差を守り切った。「スピードのある選手に得点されるのがこれまでの負けパターンだが、今回は粘り強く守ることができた」と中村さん。先月開かれた関東大会では4戦し1分け3敗と「不甲斐無い結果だった」だけに、その悔しさが練習や大会の糧になっていたという。

課題はメンバー減

 最年少で日本代表候補に選ばれた田中力選手や世代別の代表に選ばれている八雲学園高校(東京)の奥山理々嘉選手、岐阜女子高校の池田沙紀選手らは、市内のミニバス出身。横須賀からトップ選手を輩出している。

 その一方で「志望者の減少が目下の課題」と中村さん。同クラブ女子は、6年生は7人だが、5年生は1人、3年生以下が4人と、来年度以降の大会出場は危うい状況。「活躍を知って、武山でミニバスをやりたいと言ってくれる子が増えれば」と期待した。

横須賀版のトップニュース最新6件

市内3校「先生が足りない」

多世代の地域交流拠点

太陽の家「鴨居ラボ」

多世代の地域交流拠点

4月19日号

20周年 盛り上げ多彩に

カレーの街横須賀

20周年 盛り上げ多彩に

4月12日号

来年4月から有料化

コミセン使用料

来年4月から有料化

4月12日号

猿島観光もっと快適に

ドローンで食材お届け

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

上町の商店街が古本市に

横須賀ブックミュージアム

上町の商店街が古本市に

街活性化視野に規模拡大

4月20日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク