横須賀版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

スマートけん玉全国大会 世界に挑む一歩 豊島小4年の桑原君3位入賞

文化

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
大会の表彰式で喜びのポーズを決めた桑原君
大会の表彰式で喜びのポーズを決めた桑原君

 センサー内蔵の次世代型けん玉「電玉」(DENDAMA)の技を競う初の全国大会が今月2日、都内で開かれ、豊島小学校4年生の桑原真緒斗君が堂々の3位入賞を果たした。プロプレイヤーが参加する上級クラスでの快挙。賞金5千円も獲得した。

 電玉は日本の伝統的なおもちゃのけん玉をIoT化した新時代の玩具。本体に高度なセンサーが内蔵されており、使い手の動作や技の成否判定を感知できる。スマートフォンなどを用いることで世界中の人とオンライン対戦も楽しめる。商品化されて間もないが、けん玉の世界的な人気を背景にeスポーツとしての展開が期待されている。

 桑原君はけん玉検定の5段保持者。日本けん玉協会では、6段以上の段位取得を20歳以上と定めているため、技術はこの年代のトップレベルに達している=右下の写真から高難度の技を決めるAR動画が視聴可。

 1年生の夏、青少年会館で友人がけん玉を楽しむ姿を見て興味を持ったのがきっかけだ。衣笠にある教室に通い始めると、驚異的なスピードで成長を遂げた。未成年が取得可能な最高段位の5段をわずか1年でクリアした。「手先の器用さと集中力が真緒斗の才能」と母親の都久絵さん。チャレンジする技を定めて毎日1〜2時間、楽しみながら練習を継続している。レベルアップのために週末は都内に出稽古に向かうなど成長意欲も旺盛だ。

 自宅の一角にある棚には大きさや種類の異なるけん玉が数十個飾られている。電玉はその中のひとつ。洋服とともにメーカーのサポートを受けているなど周囲の期待は高い。7月にけん玉の全国大会、8月に電玉のワールドカップが控える。桑原君は「両方で一位を獲りたい」と笑顔で話した。
 

横須賀版のトップニュース最新6

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

名称使えず出荷足踏み

おっぱまワイン

名称使えず出荷足踏み 経済

10月末めどに再販売目指す

9月27日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

“ベイ戦士育てた味” 給食に

横須賀市×横浜DeNA

“ベイ戦士育てた味” 給食に 教育

「青星寮カレー」が初登場

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク