横須賀版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった 杉本 與七(よしち)さん 湘南鷹取在住 91歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

山登りに定年無し

 ○…昨年夏、自身通算21回目となる富士山登頂に成功。同年開山期間中の70歳以上の登頂者、およそ2千人の中で最高齢者になった。「気づけばこの歳で21回。周りの方からお褒めの言葉をたくさんいただき、ただただありがたい」と恐縮しつつも笑顔で話す。

 ○…富山県の中心街から離れた山間で生まれ育つ。家の裏にそびえる1千m級の山々へ焚き木を拾い集めに日々足を運んだ。生活の一部に常に山があったことで自然と魅せられていった。戦後は富山県や愛知県、新潟県などの警察内で通信技術者として腕を振った。およそ30年前に息子家族との同居をきっかけに名古屋から湘南鷹取へと居を移した。

 ○…現役時代は忙しい身ながらも、登山への熱は冷めずに持ち続けた。休暇を使っては全国各地の山へしばしば単身で出掛けて行った。「急な斜面や吊り橋など、山では危険で苦しいこともあるが、また自ずと足が向かってしまう」。乗鞍岳や御嶽山を代表する「日本百名山」への登頂にも挑戦し、定年後には全山制覇を成し遂げた。「一つのことを始めたら最後までやりきる、これが山登りから教わったこと。世界の五大陸制覇の夢はさすがにもう叶いそうにないのが心残り」と悔しさをにじませる。

 ○…90歳を越えた今もなお日々精力的に活動し、自治会の行事には今でも欠かさず参加する。健脚を維持する秘訣は毎日昇り降りする湘南鷹取の坂道だとか。高台の自宅からの買い物はほとんど徒歩。同郷で同じ歳の妻とは今でも仲睦まじく、お互いの体調を気遣い合う。妻をこれ以上心配させまいと”引退宣言”も口にする。だが一方で「登りやすい山なら機会があれば今年も」ともポツリ。登山熱はまだ冷めそうにない。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク