横須賀版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった 杉本 與七(よしち)さん 湘南鷹取在住 91歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

山登りに定年無し

 ○…昨年夏、自身通算21回目となる富士山登頂に成功。同年開山期間中の70歳以上の登頂者、およそ2千人の中で最高齢者になった。「気づけばこの歳で21回。周りの方からお褒めの言葉をたくさんいただき、ただただありがたい」と恐縮しつつも笑顔で話す。

 ○…富山県の中心街から離れた山間で生まれ育つ。家の裏にそびえる1千m級の山々へ焚き木を拾い集めに日々足を運んだ。生活の一部に常に山があったことで自然と魅せられていった。戦後は富山県や愛知県、新潟県などの警察内で通信技術者として腕を振った。およそ30年前に息子家族との同居をきっかけに名古屋から湘南鷹取へと居を移した。

 ○…現役時代は忙しい身ながらも、登山への熱は冷めずに持ち続けた。休暇を使っては全国各地の山へしばしば単身で出掛けて行った。「急な斜面や吊り橋など、山では危険で苦しいこともあるが、また自ずと足が向かってしまう」。乗鞍岳や御嶽山を代表する「日本百名山」への登頂にも挑戦し、定年後には全山制覇を成し遂げた。「一つのことを始めたら最後までやりきる、これが山登りから教わったこと。世界の五大陸制覇の夢はさすがにもう叶いそうにないのが心残り」と悔しさをにじませる。

 ○…90歳を越えた今もなお日々精力的に活動し、自治会の行事には今でも欠かさず参加する。健脚を維持する秘訣は毎日昇り降りする湘南鷹取の坂道だとか。高台の自宅からの買い物はほとんど徒歩。同郷で同じ歳の妻とは今でも仲睦まじく、お互いの体調を気遣い合う。妻をこれ以上心配させまいと”引退宣言”も口にする。だが一方で「登りやすい山なら機会があれば今年も」ともポツリ。登山熱はまだ冷めそうにない。

横須賀版の人物風土記最新6

倉田 陽琉(ひかる)さん

写真作品展「『ぼくのKEIKYU』展」を開いている

倉田 陽琉(ひかる)さん

安浦町在住 16歳

1月24日号

森田 佳重(よしえ)さん

母子保健推進会議会長表彰に選ばれた

森田 佳重(よしえ)さん

横須賀市こども健康課勤務 58歳

1月17日号

齋藤 順也さん

(公社)横須賀青年会議所の理事長に就任した

齋藤 順也さん

久里浜在住 39歳

1月10日号

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

仮面ライダーの最新作で、主人公の“ギャグ指導”を担当している芸人

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

野比在住 27歳

12月20日号

武政 祐(たすく)さん

学生向けキャリア教育事業を手掛ける「NPO法人アスリード」を立ち上げた

武政 祐(たすく)さん

平作在住 32歳

12月13日号

江口 健介さん

横須賀でSDGsの普及活動を主導する

江口 健介さん

湘南鷹取出身 31歳

12月6日号

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク