横須賀版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

逸見地区を盛り上げる有志グループ「おゆきの会」会長の 小林 眞由美さん 小矢部在住 61歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

挑戦する一歩の大切さ

 ○…三浦按針の妻「おゆき」に焦点をあて、逸見地区の活性化に繋げようと女性5人で3月に立ち上げたばかりの「おゆきの会」。仲間から推されて会長となり、旗振り役を担う。「気負いもあったがまずはやってみようと引き受けた。挑戦する大切さを皆さんに伝えるため、楽しみながら頑張りたい」と微笑む。

 ○…会立ち上げの発端は昨年6月、按針フェスタを通じて交流を深めた逸見好きの4人の中で「地域のために自分たちでも何か出来ることをやりたい」と話が盛り上がったこと。按針の菩提寺である浄土寺の協力も得てスタートさせた。「当時はまだ珍しかった外国人の妻となり、夫を陰ながら支えたおゆきさんは挑戦者であり、おもてなしの心に満ちた素晴らしい方。あやかるべきことは多く、その精神を今の時代にも伝えるきっかけづくりになれたら」

 ○…いつもにこやかでソフトな雰囲気は、職場の保育園で長年培ってきた子どもとの接し方を連想させる。だが一人っ子で子どもに苦手意識を抱いていた時期もあった高校生の頃。歳が離れた幼児の世話をする機会があり、そこで子どもの無垢さ、可愛らしさの虜になった。勤務中に大病を患った時、子どもたちの笑顔に元気をもらい、復活を果たした。「保育士の道を選んだことは挑戦する大切さを実感できた大きな転機」と振り返る。

 ○…5月4日には浄土寺近くで再びイベントを企画。按針をモチーフにしたオリジナル手拭いを販売し、有志の地元商店も出店を呼びかけた。一人また一人と地域から賛同の声が挙がり、広がりをみせる。「これこそ街づくりの原点であり、一人ひとりが主役。これからも私たちは挑戦し続けないと」。今度は地域からエネルギーをもらい、逸見で賑わいを生み出す。

横須賀版の人物風土記最新6

礒 絵里子さん

ヴァイオリニストで国内外で精力的に活動する

礒 絵里子さん

秋谷在住 

9月20日号

伊東 貴之さん

異業種交流団体、一般社団法人「BPS横須賀」で代表理事を務める

伊東 貴之さん

太田和在住 49歳

9月13日号

野坂 英八さん

創立60周年を迎えた三笠ビル商店街で理事長を務める

野坂 英八さん

野比在住 70歳

9月6日号

松原 光佑さん

この夏に関東大会を始めとする水泳大会で新記録を連発した

松原 光佑さん

池田町在住 大津中3年生

8月30日号

三田 希美子さん

学生団体「NELD」(ネルド)で代表を務める

三田 希美子さん

若松町在住 20歳

8月23日号

伊東 勝さん

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている

伊東 勝さん

平作在住 79歳

8月9日号

木村 博超さん

8月4日から沖縄で開催されるインターハイに砲丸投げで出場する

木村 博超さん

三春町在住 18歳

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

至極の和楽器アンサンブル

至極の和楽器アンサンブル

衣笠コミセン体育館で演奏会

10月5日~10月5日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク