横須賀版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

逸見地区を盛り上げる有志グループ「おゆきの会」会長の 小林 眞由美さん 小矢部在住 61歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

挑戦する一歩の大切さ

 ○…三浦按針の妻「おゆき」に焦点をあて、逸見地区の活性化に繋げようと女性5人で3月に立ち上げたばかりの「おゆきの会」。仲間から推されて会長となり、旗振り役を担う。「気負いもあったがまずはやってみようと引き受けた。挑戦する大切さを皆さんに伝えるため、楽しみながら頑張りたい」と微笑む。

 ○…会立ち上げの発端は昨年6月、按針フェスタを通じて交流を深めた逸見好きの4人の中で「地域のために自分たちでも何か出来ることをやりたい」と話が盛り上がったこと。按針の菩提寺である浄土寺の協力も得てスタートさせた。「当時はまだ珍しかった外国人の妻となり、夫を陰ながら支えたおゆきさんは挑戦者であり、おもてなしの心に満ちた素晴らしい方。あやかるべきことは多く、その精神を今の時代にも伝えるきっかけづくりになれたら」

 ○…いつもにこやかでソフトな雰囲気は、職場の保育園で長年培ってきた子どもとの接し方を連想させる。だが一人っ子で子どもに苦手意識を抱いていた時期もあった高校生の頃。歳が離れた幼児の世話をする機会があり、そこで子どもの無垢さ、可愛らしさの虜になった。勤務中に大病を患った時、子どもたちの笑顔に元気をもらい、復活を果たした。「保育士の道を選んだことは挑戦する大切さを実感できた大きな転機」と振り返る。

 ○…5月4日には浄土寺近くで再びイベントを企画。按針をモチーフにしたオリジナル手拭いを販売し、有志の地元商店も出店を呼びかけた。一人また一人と地域から賛同の声が挙がり、広がりをみせる。「これこそ街づくりの原点であり、一人ひとりが主役。これからも私たちは挑戦し続けないと」。今度は地域からエネルギーをもらい、逸見で賑わいを生み出す。

横須賀版の人物風土記最新6

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

佐久間 眞知子さん

国際ソロプチミスト横須賀の会長を務める

佐久間 眞知子さん

三春町在住 74歳

5月17日号

RUEEDさん(窪塚亮介さん)

アーティストとして今月、自身のレーベルとマスターマインド(株)を立ち上げた

RUEEDさん(窪塚亮介さん)

大矢部出身 30歳

4月19日号

辻 悠介さん

横須賀商工会議所青年部(YEG)の新会長に就いた

辻 悠介さん

汐見台在住 36歳

4月12日号

阿尾 茂毅さん

「還暦越え新人シンガーソングライター」として精力的に活動する

阿尾 茂毅さん

鴨居在住 62歳

4月5日号

大久保 哲哉さん

今春から社会人サッカーチーム「フィフティークラブ」に所属する

大久保 哲哉さん

長浦町出身 39歳

3月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「やさしくなあに」

ドキュメンタリー映画

「やさしくなあに」

奈緒ちゃんと家族の35年

6月16日~6月16日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク