横須賀版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する 郷戸 了さん 公郷町在住 34歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

「音」に込める街の可能性

 ○…「横須賀にはさまざまな顔がある。それを音楽で表現したい」。このほど、和太鼓コンサート「横須賀芸術際」を企画。開国をテーマにした作品を披露するなど、街の可能性と地元愛をステージに込める。

 ○…ソロ奏者RYOJINとして舞台に上がるなかで2年前に辿り着いたのが横須賀。酒場などでの「流し」に専念することを”挑戦”に据えた。担ぎ桶太鼓を手に、当初は1日20軒近く飛び込み。一見で断られたり、「音がうるさい」と怒られたりもしたが、次第に「関心を持ってもらっている」という手応えを感じた。「常に本番。どうやったら楽しんでもらえるのか、ダイレクトな反応を得られる勉強の場にもなっている」。興味のなかった人をどれくらい引き込めているのか―。市内のライブハウスで3日間に渡って行ったコンサートで300人近く動員できたことから、「表現者として市内の大きなホールでステージを作りあげたい」と構想を広げ、『芸術際』の実現にこぎつけた。

 ○…新潟県妙高市生まれ。6歳の時に地元の太鼓保存会に入り、気付けば「自分を表現できるもの」として、ずっと叩き続けてきた。「和太鼓集団『鼓童』を見たい」と言って亡くなった母の言葉もあり、同団に研修生として参加。ソロ奏者に転身してからは、国内外で多様なセッションも展開する。和太鼓の魅力は音の迫力やパフォーマンスだけではない。「曲にストーリーを込めて作り上げる奥深いもの」と話す。

 ○…「住みやすくて風土も多様、人情味が溢れている」というのが、この街の印象だ。舞台やワークショップの活動と併せて、現在も流しを続ける。スキルアップと新たな出会いを求めたライフワーク。街角で、舞台で、その力強い音色を響かせていく。

横須賀版の人物風土記最新6

三田 希美子さん

学生団体「NELD」(ネルド)で代表を務める

三田 希美子さん

若松町在住 20歳

8月23日号

伊東 勝さん

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている

伊東 勝さん

平作在住 79歳

8月9日号

木村 博超さん

8月4日から沖縄で開催されるインターハイに砲丸投げで出場する

木村 博超さん

三春町在住 18歳

8月2日号

ミニアルバム世界配信

ミニアルバム世界配信

横須賀市応援のアーティスト

7月26日号

Tomさん

高校生トラックメーカーSTAR FISHの世界配信曲でボーカルを担当した

Tomさん

船越町在住 26歳

7月26日号

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク