横須賀版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

シニア世代 輝きもう一度 60歳以上の新劇団立ち上げ

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
総合チーフコーディネーターを務める横田和弘氏
総合チーフコーディネーターを務める横田和弘氏

 60歳以上のシニア世代が活躍する市民劇団が横須賀に誕生する。「共生共創」の発信をテーマにした神奈川県のプロジェクトで、演者と舞台製作者を募り、来年2月と3月に公演を行う。「人生100歳」を生涯現役で過ごすことを掲げる黒岩祐治知事の方針を反映させたものでもあり、長寿社会の生き方を提案していく。

 (仮称)横須賀シニア劇団の総合チーフコーディネーターには、神奈川県演劇連盟理事長で劇団河童座を主宰する田浦在住の横田和弘氏が就いた。横須賀・三浦半島エリアを中心に劇団メンバーを募り、半年間の稽古を経て、横須賀と横浜で成果発表を行う。「単年度の活動ではなく、地域に根差した演劇集団になることをめざす」と横田氏。演出家の故蜷川幸雄氏が立ち上げた高齢者による舞台芸術の国際フェスティバル「世界ゴールド祭」への出場も視野に活動を展開していく。

 応募資格は、60歳以上の元気な男女/週2回の稽古に参加する覚悟のある人/来年の成果発表に出演できる人

 経験不問で参加費として月額5000円。

 稽古は8月20日(火)スタートで、横須賀芸術劇場大リハーサル室等で行う。

 募集期間は6月17日(月)から7月22日(月)。7月26日(金)・27日(土)に説明会を兼ねたオーディションを横須賀市立青少年会館で開く。時間は両日午後1時開始。

 問い合わせはシニア劇団事務局【携帯電話】080・9882・0832

「本気でぶつかる。第二の青春」

 --新劇団の狙いは。

 「県が掲げる『ともに生きる』『ともに創る』社会を、シニア世代をターゲットに舞台活動を通じて具現化していく。演劇は総合芸術と言われる。舞台に立つ役者だけでなく、照明、大道具や小道具、衣装制作、事務仕事と多くの人が係われる。『誰も一人にさせないまち』をスローガンとする横須賀市の考えとも重なるもので、同市の支援も取り付けた。成果発表の公演を来年2月に横須賀市立青少年会館ホール、3月に県民共済未来ホールで行う」

 --経験がなくても参加できるのか。

 「経験不問で誰でも歓迎する。ただ、参加条件に『週2回の稽古に参加する覚悟のある人』とした。趣味や習い事ではない、これからの人生の軸となるような活動の場を提供したい。記憶力や体力など若い時代には敵わないことも増えているが、それを補う経験や知恵を持っている。それぞれが人生ドラマも持っている。例えば介護をテーマにした舞台なら、それを経験してきた人と想像だけの人では、演技の深みがまるで違う。人生経験がにじみ出るのだ」

 --何を演じるのか。

「既成台本、オリジナル劇、地域性を盛り込んだ内容など、実はまだ決めていない。集まったメンバーの個性を見極めてから決定する考え。5年・10年の活動を視野に、将来的には『世界ゴールド祭』などの大きな舞台を目標にしていく」

横須賀版のトップニュース最新6

2つの歴史資産 価値再確認

浦賀

2つの歴史資産 価値再確認 社会

奉行所300年、レンガドック120年で

11月15日号

総延長2キロの地下壕

貝山の戦跡

総延長2キロの地下壕 社会

2020年度中の公開めざす

11月15日号

21年春にリニューアル開業

よこすかポートマーケット

21年春にリニューアル開業 経済

新たな運営事業者を選定

11月8日号

まるで海上のダンス

ウインドサーフィン

まるで海上のダンス スポーツ

11月8日号

SUP世界大会で初V

北下浦中3年小貝実佑さん

SUP世界大会で初V スポーツ

ジュニア2種目で表彰台

11月1日号

暗闇と静寂 何を感じる

暗闇と静寂 何を感じる 文化

夜の猿島でアートイベント

11月1日号

地域交流に学校施設活用

スクールコミュニティ事業

地域交流に学校施設活用 教育

モデル実施 第一弾は汐入小

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク