横須賀版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

めざすは国内ドローン最速 レースに熱中 高校1年小松さん

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
愛用機を手にする小松さん。ドローンレース界の若きホープだ
愛用機を手にする小松さん。ドローンレース界の若きホープだ

 小型無人機「ドローン」の操縦技術を競うレースで久里浜在住の高校1年生、小松良誠(りょうま)さんがめきめきと頭角を現している。今月1日に相模原で行われた全国選手権神奈川大会で3位入賞、7月6日(土)に北海道由仁町で開かれる「JAPAN DRONE CHAMPIONSHIP 2019」に招待選手として出場する。めざすは国内ドローン最速だ。

 航空写真や映像撮影など商用利用が急速に進むドローンだが、競技としてのレースも熱を帯びつつある。愛好家が楽しむファンレースから賞金獲得をめざすものまで全国に広がり始めている。

 ドローンレースは、送信機を操るパイロットがモニター付きのゴーグルを身に着けて決められたコースを飛行、速さとコーナーワークの正確さを競う。最高時速は150Kmを超えるという。

 幼少期からラジコンカーが好きだった小松さんは、小学6年生の時に両親から玩具のドローンを買い与えられるとすぐに夢中になった。中学2年生でレースに初参戦。キャリアは僅か2年ほどだがすでに国内トップクラスの実力を誇る。機体とパーツはメーカーのサポートを受けており、学業の合間を縫って全国各地のレースを転戦している。昨秋には、日本代表として韓国で開かれた世界大会も経験した。

 「ドローンレースは、自分が機体に乗り込んだような感覚。モータースポーツさながらのスリルとスピードが最高」と小松さん。将来はレース活動と並行して、操縦技術を活かした撮影の仕事に携わりたいと抱負を話した。目下の悩みは練習環境。横須賀市内には個人が外で飛ばせる場所がなく、市外の施設を利用するしかないという。自身の活動を通じて、理解者が増えることを期待している。

よこすかシーサイドマラソン

7月1日(月)20時エントリー開始!

http://www.yokosuka-seaside.jp/

本まぐろ直売所のお中元

まぐろ専門の冷凍倉庫が運営する直売所。本物の味を大切な人に!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

修繕工事現場に女性目線

(株)富士防

修繕工事現場に女性目線 経済

コンシェルジュが居住者対応

1月31日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

桜小に「地域スポーツクラブ」

桜小に「地域スポーツクラブ」 文化

旧上の台中に続き2カ所目

1月24日号

日々の活動を発信中

衆議院議員、小泉進次郎の日々の活動を写真や動画で紹介しています。

https://shinjiro.info/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク