横須賀版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

めざすは国内ドローン最速 レースに熱中 高校1年小松さん

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
愛用機を手にする小松さん。ドローンレース界の若きホープだ
愛用機を手にする小松さん。ドローンレース界の若きホープだ

 小型無人機「ドローン」の操縦技術を競うレースで久里浜在住の高校1年生、小松良誠(りょうま)さんがめきめきと頭角を現している。今月1日に相模原で行われた全国選手権神奈川大会で3位入賞、7月6日(土)に北海道由仁町で開かれる「JAPAN DRONE CHAMPIONSHIP 2019」に招待選手として出場する。めざすは国内ドローン最速だ。

 航空写真や映像撮影など商用利用が急速に進むドローンだが、競技としてのレースも熱を帯びつつある。愛好家が楽しむファンレースから賞金獲得をめざすものまで全国に広がり始めている。

 ドローンレースは、送信機を操るパイロットがモニター付きのゴーグルを身に着けて決められたコースを飛行、速さとコーナーワークの正確さを競う。最高時速は150Kmを超えるという。

 幼少期からラジコンカーが好きだった小松さんは、小学6年生の時に両親から玩具のドローンを買い与えられるとすぐに夢中になった。中学2年生でレースに初参戦。キャリアは僅か2年ほどだがすでに国内トップクラスの実力を誇る。機体とパーツはメーカーのサポートを受けており、学業の合間を縫って全国各地のレースを転戦している。昨秋には、日本代表として韓国で開かれた世界大会も経験した。

 「ドローンレースは、自分が機体に乗り込んだような感覚。モータースポーツさながらのスリルとスピードが最高」と小松さん。将来はレース活動と並行して、操縦技術を活かした撮影の仕事に携わりたいと抱負を話した。目下の悩みは練習環境。横須賀市内には個人が外で飛ばせる場所がなく、市外の施設を利用するしかないという。自身の活動を通じて、理解者が増えることを期待している。

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook