横須賀版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

開会式の司会を務める早田さん(横須賀高3年) 球児の夏、第一声の「責任」

スポーツ

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
グラウンドに目を配りながらボール磨きも
グラウンドに目を配りながらボール磨きも

 最初に発する言葉は「ただいまより」の”た”。「ここで声が裏返らないようにしなければ」―と話すのは、横須賀高校野球部マネジャーの早田桃花さん(3年)。

 1999年から女子生徒が司会を務めている神奈川大会の開会式。この大役が正式に決まったことを知らされたのは5月下旬のこと。4月ごろ、監督から既に話は聞いていたが、半信半疑だった。「本当に私が!?と驚いた。何日か経ってようやく実感が沸いた」。周囲に司会について声を掛けられると気恥ずかしさも。これまで、練習試合の会場アナウンスなどを経験したことはあったが、開会式の重みは別格。「失敗できないという緊張感でいっぱい」と背筋を伸ばす。

 6月に入り、開会式の原稿が手元に届いた。「思ったよりも読む分量は少なくてほっとした」。練習は家での勉強や部活の合間に加えて、登下校で自転車を漕ぎながらフレーズを繰り返すことも。自身を「キッチリした性格」と分析、「すべての言葉がはっきりと伝わるよう、自分らしい司会を」というのが目標だ。

3年間の集大成

 高校野球部を支えるマネジャー。道具の整理や掃除、ノックのボール渡し、アイシングの用意、練習試合の会場整備など選手たちがプレーに集中できるよう裏方として奔走する。高校では「”誰かのためになる”部活に入りたい」と志願して野球部に入部した。マネジャーは1学年2人ずつ。夏の大会では、3年生がフェルトでお守りを作るのが代々の慣習だ。自らデザインを考え、部員全員と先生の約50人分、1つずつ名前を入れて手作りする。開会式は7月7日(日)。一針一針に必勝の想いを込めたお守りを手に、今年は司会の舞台から、部員にエールを送る。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク