横須賀版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

横須賀中央 あちこち「ワンピース」 スタンプラリーで周遊企画も

経済

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
市庁舎1階のフィギュアの前で開幕式を行った
市庁舎1階のフィギュアの前で開幕式を行った

 東京湾に浮かぶ無人島・猿島をメインに人気アニメ「ワンピース」とのコラボイベントが今月8日にスタートした。市内の飲食店を巻き込んだ企画やスタンプラリーなどを展開。期間は10月20日(日)までの105日間で、夏休みの子ども連れや訪日外国人の誘客を図る。同日には、上地克明市長ら主催者が島内を視察、その後市庁舎で開幕式が行われた。

 横須賀市、京急電鉄、海運会社のトライアングルが主催となり、種々の企画を展開していく。

 猿島は「モンキー・D・ルフィ島」と愛称をつけ、島内に主要キャラクター(麦わらの一味)の等身大フィギュアを設置するほか、スマートフォンをかざすとキャラクターと一緒に写真を撮影できるAR技術を活用した仕掛けも用意。英語に対応できるスタッフを常駐させ、インバウンドへの対応も強化する。9月以降は、島内でイベントも予定。随時情報発信していく。

 市内では横須賀中央・汐入エリアで11店がアニメとのコラボグルメを提供するほか、スタンプラリーや9カ所のAR写真スポットを用意し、訪れた人たちの市内周遊を狙う。また、市庁舎の壁面に巨大な装飾を施し、市内各所にフラッグや横断幕を掲げてアニメの世界観を演出。イベントパンフレットは、英語版も用意し、訪日客に対応する構えだ。

 京急電鉄は、赤・青・黄色のラッピング電車や駅の装飾、記念切符を発行するほか、謎解きイベントを催し盛り上げる。

 今月8日に開かれた記者会見で、上地市長は「横須賀に来たことがない人に魅力を知ってもらい、また来たいと思ってもらえる機会に」と期待した。

経済効果福祉に還元

 同日の定例会見で市長は、就任から丸2年経過したことにも触れ「まちを歩いていると『元気になってきた』と声を掛けられるようになった」と実感を話した。また、福祉への施策が弱いという声があることについて「今回のイベントも含め、音楽・スポーツ・エンターテインメントや海洋都市構想、谷戸活性事業などによって、多くの人に来てもらい住んでいる人にも幸せになってもらう。その豊かさを最終的に福祉に還元していきたい」と考えを示した。

横須賀ジュニアビレッジ

ビジネスの視点を取り入れた小中学生対象の農業体験教室

https://tabi-iku.jtbbwt.com/program/1054366/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

修繕工事現場に女性目線

(株)富士防

修繕工事現場に女性目線 経済

コンシェルジュが居住者対応

1月31日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

桜小に「地域スポーツクラブ」

桜小に「地域スポーツクラブ」 文化

旧上の台中に続き2カ所目

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク