横須賀版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている 伊東 勝さん 平作在住 79歳

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

楽しくあってこそ

 ○…「世界一周」「円月殺法」「月面着陸」――。昭和の子どもの遊びとして人気を博し、平成・令和の今再びブームになっているけん玉。その潮流は今や世界規模。「簡単には出来ないが出来なくはない、それがけん玉の良いところ。スクワット運動にもなり、健康にも良いんですよ」と目を細める。

 ○…東京都生まれ。日産追浜工場に勤め始めたことで50年ほど前に横須賀に居を構えた。55歳で早期退職。その後も設備管理などの仕事を転々とし、60歳を過ぎたころから「何か子どもたちと一緒にできないか」と考えるように。思いついたのは中学生の頃に遊んでいたけん玉だった。「野球や卓球と比べ、けん玉なら教えている人があまりいないかなと思って」と笑う。日本けん玉協会の紹介で近隣の教室へ足を運び、指導者として技や指導法を2年近く修行。およそ10年前、衣笠を練習拠点に晴れて横須賀教室を立ち上げた。以来、子どもや大人にけん玉の楽しさを広めている。

 ○…指導員として意識しているのは褒めること。「特に子どもたちは上手くできたところを周りに見てもらって褒められたいもの」。また同伴する親にもけん玉を勧め、一緒になって楽しむ機会にすることも通い続けてもらえるコツとか。いかに教えるのではなくどうしたら楽しいと思ってもらえるか。そんな指導方針が人気を裏付ける。

 ○…先月には愛弟子が世界チャンピオンの座を獲得。その技を今度は教室の後輩たちに教える立場として協力もしてくれている。教え子たちは順調に育ち、輪を着実に拡げている。「最低でも80歳までは続けたいかな、体力が続くまで。横須賀全体で大会が開けるほどけん玉ファンを増やすのが夢」と優しくゆったりとした表情で微笑んだ。

残暑お見舞い申し上げます

本まぐろ直売所 夏の大セール

8月9日~19日まで毎日営業! 10日・11日・12日の3日間は特売日

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

早川 崇文さん

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める

早川 崇文さん

長沢在住 38歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク