横須賀版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める 早川 崇文さん 長沢在住 38歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

被災地支援「善意の連鎖」

 ○…震災・風水災害に遭った被災地と被災者に支援の手を差し伸べるNPO法人を立ち上げた。「横須賀からできること」を標榜し、団体の名称を「From Yokosuka」と名付けた。先月9日に千葉県を襲った台風15号では、発生直後にメンバーらと駅頭に立ち、義援金の協力を懸命に呼び掛けた。1週間の活動で集まった浄財は約46万円。横須賀の対岸に位置する鋸南町を近く訪れ、必要とされている物資を届けるほか、民家の復旧作業を手伝う。

 ○…法人設立は信用度を増すためだ。「(義援金が)本当に届くのか」。活動を見た通行人から疑問を投げ掛けられることがこれまで何度もあった。被災地では団体として交渉したほうがスムーズに進む。そのための看板が必要だと判断した。今後は横須賀市民に向けた防災啓発にも民間の立場で取り組む。前身となる有志ボランティアグループでは、東日本大震災─熊本地震─西日本豪雨で募金活動と現地支援を展開。蓄積したノウハウや経験を役立てる。

 ○…誰かに頼まれているわけではない。やり過ごすこともできる。西日本豪雨の発災時、信頼を寄せている先輩から「この状況をどう捉える」と問われ、「なにかやれたらいいと思います」と答えた。「そうか、思っているだけか」─この一言が心を奮い立たせた。試されているとも感じた。これまでの自分を更新するチャンスと捉え、団体のリーダーを引き受けた。

 ○…募金活動で駅頭に立つと、学びや気づきがたくさんあるという。大多数は他人のことに無関心だが、被災地に心を砕く人も一定数だが存在する。何かをしてあげたいが、個人では立ち上がれない人も大勢いる。「年齢や職業を超えて誰でも参加できるプラットホームになれたらいい」

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク