横須賀版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

「空道」の全国大会に5年連続で出場する 山口 莉央さん 湘南鷹取在住 16歳

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

多彩な技に魅せられて

 ○…空手から発展した武道で、打撃のほか柔道のような投げ技、寝技など様々な攻撃が認められている総合格闘技「くうどう空道」。11月9日に行われる全国大会に出場する。小学6年から5年連続で出場しているが、優勝まであと一歩のところで涙をのんできた。「高校生になり最初の全国。相手は上級生がほとんどで環境も変わるが、精一杯戦う」と意気込む。

 ○…空道に出会ったのは6歳の頃。両親の「護身術を身に着けてほしい」との考えから、柔道や空手などを見学していた時に「一番惹かれた」。魅力は技の多様性。掴み技やパンチ、蹴り、関節技など攻撃の自由度が高い。小学5年になると習い事ではなく競技として向き合うように。連盟主催の合宿に参加した時、部屋を共にした大学生の競技に対し真剣に向き合う姿に心打たれ「その時から勝つために練習しようと思った」

 ○…昨年の全国大会、優勝まであと一歩のところで負けを喫した。4年に1度開かれる世界大会の切符もかかっていただけに「一番落ち込んだ」。それでも「この悔しさを糧に」と切り替えた。中学までとは違い、高校からは頭部への攻撃が許される。ヘッドギアを着用するため安全ではあるが「最初は怖くて泣いてしまった」。それでも、打たれ強くなるためにとボクシング部のある高校に進学。放課後は部活、夜は道場へと通い日々技術と度胸を磨く。

 ○…話す姿は「おっとりとした女子高生」だが、練習や試合が始まると一変。目つきや雰囲気は戦闘モードに。得意の回し蹴りで相手を圧倒していく。指導者も「我慢強さ、練習への姿勢は人一倍」と目を見張る。将来の夢は警察官。競技も続けていくつもりだ。「強くなるために」―精進の日々は続く。
 

横須賀版の人物風土記最新6

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

神奈県立保健福祉大学(平成町)

シニア世代の地域活動参加と健康づくりをテーマにした「生涯現役フォーラム」

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3130/suisin/forum.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク