横須賀版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

県政報告 県営住宅「入居者資格要件」緩和へ 住宅困窮者対応と空室解消

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県議会第3回定例会で県営住宅の「入居者資格要件」の緩和ついて、黒岩祐治知事に質しました。県営住宅は居住ニーズと住宅ストックのミスマッチで空室が急増しています。今回の代表質問で黒岩知事から「入居者資格要件」の緩和に踏み切る趣旨の答弁を引き出しました。

 低廉な賃料で入居できる県営住宅(県内28団地7335戸)は、住宅困窮者のセーフティネットとして機能している一方、築年数の経過による老朽化やエレベーター未設置の団地が多いことなどから入居が進まない状況があります。直近の5年間では、応募者数、応募倍率ともに半減しており、抽選に当選された方の辞退も多いと聞いています。これに伴い空室は急増、家賃収入も減少傾向が続いています。悪循環を断ち切るには順次、建替えを進めることが重要となりますが、ハードの整備には多大な事業費と長い期間を要します。

 そこで私は、県の条例規定を改めて60歳未満の単身者の入居を認めること、県内に6カ月以上という居住要件を外すことを求めました。これに対して黒岩知事は、今まで対象としていなかった住宅困窮者のニーズ対応に言及し、「入居者資格要件」を緩和していく方針を示しました。具体的には、低所得者の生活不安が社会問題化していることを踏まえ、60歳未満の単身者の入居を可能とし、県内6カ月以上の居住要件は廃止に向けて対応していくと発言。県営住宅の役割を今まで以上に果たすとしています。

 住宅は生活に必要な最低限のインフラであります。社会で取り残されがちな弱者の視点に立って政策を推進していく─公明党の理念に基づき、引き続き種々の課題に取り組んでいきます。

亀井たかつぐ

http://www.kameisite.com/

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

コロナや異臭 不安払拭

国政報告

コロナや異臭 不安払拭

環境大臣 小泉進次郎

12月4日号

横須賀の「観光」を考えよう

第5回オンライン未来会議

横須賀の「観光」を考えよう

11月27日号

グリーン社会の実現へ

国政報告

グリーン社会の実現へ

環境大臣 小泉進次郎

11月20日号

気候変動対策に全力

国政報告

気候変動対策に全力

環境大臣 小泉進次郎

11月6日号

人口減少時代、私たちに必要な施設とは

人口減少時代、私たちに必要な施設とは

市議会会派 よこすか未来会議

10月16日号

「市民ファーストはどこに」

横須賀新港フェリー計画 意見広告

「市民ファーストはどこに」

横須賀港運協会

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク