横須賀版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

木工作家として活躍する 村山 じゅんさん 秋谷在住 44歳

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena

人も地球もハッピーに

 ○…木材をはじめ、石やシーグラスといった素材から様々な作品を生み出す「木工アート」。これまでに有名雑誌やサーフブランドとコラボ作品も手掛けており、今夏の相手はスヌーピー。SNSやイベントを通じ着々と知名度を上げてきた成果だろう。「木工は学校の授業の図工と同じで特別な事ではない。そんな中、こうしたご縁を頂けることはとてもありがたい」と白い歯を見せる。

 ○…程よく灼けた肌に気さくな笑顔―。「地元サーファー」という風貌だが、秋谷を拠点に活動を始めたのは5年前。生まれも育ちも東京は深川、3代続く材木問屋が実家の江戸っ子だ。大学卒業後、「家業を継ぐ前に好きなことを」と、当時日本一の売り上げを誇ったサーフショップに就職。サーフカルチャーに触れてきた。ところが入社5年で会社が倒産。実家へ戻り父と兄と共に家業に就いた。

 ○…家業を手伝ううちに目を付けたのが行き場のない木材。「ただ捨てるくらいなら」と見よう見まねで簡単なテーブルなどの”工作”を始めたことが、木工作家の道へ進むきっかけに。その後木工作家として独立を選択。四十路目前、新天地に選んだのは湘南・秋谷だった。「少し不便だが海にも近く、創作活動を自由にできる場所」と今もお気に入りのようだ。

 ○…大量生産による使い捨て製品の大衆化に疑問を抱く。毎年テーマを定め、ハンドメイドの温もりや自然の尊さを作品に込め、個展を開催してきたが今年はコロナショックで中止に。心が折れかける中、決めた今年のテーマは笑顔。「恐怖にかられて人が他人を傷つけるのではなく、誰もが笑っていられるように」という願いを込めた。「一生アーティストだろうな―」。創作意欲は尽きそうにない。

横須賀版の人物風土記最新6

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク