横須賀版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

西地区 「感謝の意」花火に込めて 医療従事者に5分間の贈物

社会

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
花火を眺める医療従事者ら。長坂の市民病院屋上で
花火を眺める医療従事者ら。長坂の市民病院屋上で

 市内西地区で先月29日夜、新型コロナウイルス感染症の対応にあたっている医療従事者に感謝と敬意の気持ちを表す花火が打ち上げられた。自衛隊武山駐屯地内にある御幸浜から5分間にわたって約150発の色とりどりの花が晩夏の夜空を焦がした。

 今回の花火は、横須賀市西地区納涼花火大会実行委員会、武山・長井・大楠連合町内会ほか有志が発案。毎年この時期に実施している「西地区納涼花火大会」は新型コロナの感染拡大を危惧して中止としていたが、医療従事者への励ましと社会を混乱させている疫病退散の祈りを込めて無観客で行った。花火代の100万円は全額地元で負担。周辺地域には直前の告知となったが、混乱はなかった。

 花火は午後8時から打ち上げ開始。医療現場の最前線で立ち向かう横須賀市立市民病院の医師や看護師が病棟の屋上に集まり「特別な夏」を見送りながら、大輪の花を静かに眺めた。入院患者と一緒に室内で観賞を楽しむ看護師もいたという。

 コロナ患者を受け入れる病棟を担当している看護師の中村麻鈴さんは「この夏は花火を見ることができないと思っていたのでうれしい。多くの人の感謝の気持ちを感じた。毎日が緊張の連続で張り詰めているが、頑張りの源になる」と気丈に振る舞い、「病棟にいる患者さんにもひと時の和みを与えられたのではないか」と気遣いを見せた。

横須賀版のトップニュース最新6

駅前広場の機能強化

追浜地区

駅前広場の機能強化 経済

立体ターミナル構想も

9月18日号

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔 社会

横須賀市職員が法人設立

9月18日号

BBQ施設で集客力アップ

観音崎公園

BBQ施設で集客力アップ 社会

県立初の民間事業者誘致

9月11日号

「シェアの心」絵本に込め

「シェアの心」絵本に込め 社会

ガス会社経営の水沢さん

9月11日号

「感謝の意」花火に込めて

西地区

「感謝の意」花火に込めて 社会

医療従事者に5分間の贈物

9月4日号

クラスター対策にPCR

横須賀市

クラスター対策にPCR 社会

保健所判断で公費負担

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク