横須賀版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

「シェアの心」絵本に込め ガス会社経営の水沢さん

社会

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
初めて手掛けた絵本を手にする水沢さん
初めて手掛けた絵本を手にする水沢さん

 プロパンガス事業を主力とする地元企業「(株)サガミ」(衣笠町45の19)代表取締役の水沢洋さんが先ごろ、『これから大人になる君へ 子どもだった大人へ』(ゆめのかたち社)と題した絵本を出版した。ゆずりあいや、分け合いの大切さを説いた物語を水沢さんが編んだ。子どもだけでなく、大人も気づきを得られる1冊になっている。

初の原作担当、3千部発行

 物語では、次期村長の座を託された2匹の犬、トミーとボビーが、はるか向こうにある「金色の骨」をたくさん持ち帰ることを命ぜられる。みんなにやさしいトミーと自分のことばかりを考えているボビー。「金色の骨」を探し当てた後の2匹の異なる振る舞いが周囲にどんな影響をもたらしたか、その一部始終を知った村長が放った言葉とは─。結末で明確な答えを示さず、想像の余地を残したのはあえてのこと。読者が自由な解釈をしてもらいたいという。

 水沢さんが絵本を手掛けるきっかけとなったエピソードもあとがきの形で載せている。

 8年前に友人の誘いで出向いたカンボジアの首都プノンペン。急激な経済成長の裏側で生じている貧富の差、教育から取り残されている子どもの存在に胸を痛め、現地で何ができるかを考えたという。そうした中で行動に移したのがガス会社「サガミカンボジア」の設立。ゴミを拾い集めて生計を立てている子どもたちの親を雇用することで、学校に通える環境を用意した。

 水沢さんは「困っている人に、目を向けて手を差し伸べる心」を持って欲しいと願っており、絵本にその思いを閉じ込めた。原作は今回が初めて。絵本作家の永井みさえさんのアドバイスを受けながら2年がかりで完成させた。英訳も添えており、英語の学習教材としても活用してもらう考えだ。水沢さんが支援しているカンボジアの学校にも贈るという。

 3千部発行。1冊1200円(税別)でサガミ本社で販売している。

 問い合わせは同社【電話】046・833・3131

03-3222-7982

10月27日(火)よこすか芸術劇場/昼の部13時30分開演・夜の部18時開演

http://www.bellworldmusic.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

知って行動「海洋プラゴミ」

横須賀市

知って行動「海洋プラゴミ」 社会

汚染問題解消に向け宣言

9月25日号

オンラインで工場見学

日産自動車追浜工場

オンラインで工場見学 教育

市内小学校で初実施

9月25日号

駅前広場の機能強化

追浜地区

駅前広場の機能強化 経済

立体ターミナル構想も

9月18日号

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔 社会

横須賀市職員が法人設立

9月18日号

BBQ施設で集客力アップ

観音崎公園

BBQ施設で集客力アップ 社会

県立初の民間事業者誘致

9月11日号

「シェアの心」絵本に込め

「シェアの心」絵本に込め 社会

ガス会社経営の水沢さん

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク