横須賀版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

9月に「にんじゃいぬタロー」を発行し、絵本作家としてデビューした 渡辺 陽子さん 追浜町在住

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

「好き」を仕事にする

  ○…「最初は直視できなかった」。地元の書店で積まれていた自分の作品。嬉しさに加え、さまざまな感情が入り交じった。昨年9月に受賞した絵本新人賞の副賞が、製本の出版。作品用に何度も描きなおし、「心が折れそうになることもあったけれど、刊行に至るまで多くの人が関わってくれた」。チームプレイで走り抜けた感慨はひとしおだ。

 ○…本格的に絵本作りを”習い”始めたのが4年ほど前。遡ると、中学生の時に「挿絵はどういう人が手掛けているのか」と興味を抱き、高校生では海外の絵本に一目ぼれ。「絵本が好き」という域を超えないままだったが、「絵本作家になりたい、と腰を上げるタイミングが、その時だったんです」。講座では、与えられたテーマでその日に制作して発表することもあり、作る面白さ、絵本の奥深さにのめりこんだ。目標は作品を公募に出すこと。一昨年は一次も通過せず、初めての受賞がこの大きな賞。その報せにまず「どうしましょう」という慌てた気持ちになった。「受けてくれるんですよね、と電話口で聞き返されてしまった」と笑う。

 ○…作品のモチーフになった保護犬の「太郎まる」。自分もこの子に出会い、幸せを感じている。絵本でそんな気持ちを届けたい。自然と「犬が登場する作品を」と方向性が見えてきた。「にんじゃいぬ」のモチーフは、額にあった手裏剣のような柄。愛犬がストーリーを導いてくれた。

 ○…制作はシンプルに水彩の絵の具と色鉛筆。作業の合間の太郎まるとの散歩も発見と息抜きになっている。デビュー作の感慨もつかの間、次の作品の構想も。「少し物語の長い児童書や大人向けの絵本も手掛けたい」。作家としての一歩を歩み始めたところだ。

横須賀版の人物風土記最新6

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク