横須賀版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

漫画家で自宅での看取りをテーマにした本を出版した たちばな いさぎさん(本名:堀場恵子) 大矢部在住 52歳

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

「後悔しない人生歩んで」

 ○…三輪医院で、在宅医療を受ける患者と家族、医療・介護従事者らと治療方針や今やりたいことなど決めるACP(人生会議)を行う地域支援員として働いてきた4年間。本業である漫画家の視点から、看取りに携わる関係者から聞いた話や体験を1冊にまとめた。「大切な人を思いながら読んでほしい」。新著に願いを込める。

 ○…市内長瀬育ち。久里浜小学校4年の時、松本零士の「トラジマのミーめ」を読み「猫と人の互いに思いやる心に感銘した」と漫画家を志すように。大津高校の同窓会名「たちばな会」からペンネームを取り、19歳で久里浜にあるコーヒー店「サニム」でのアルバイト体験を基にした作品が少女漫画雑誌「花とゆめ」の月例賞を受賞。その後、漫画家のアシスタントを経て、23歳でプロデビューを果たした。

 ○…「しろいにじの家」で数年前に開かれたゴスペルライブに参加。そこで初対面の千場純院長から突然「在宅患者の物語を描かないか」と提案された。近年リアルな実話を題材にした漫画を手掛けていたこともあり、異分野ではあったが職員として医療現場に身を置いた。1年が過ぎた頃、母の膵臓癌が発覚。必死の看病もかなわず、2カ月後に息を引き取った。「看取る際に初めて福祉・介護の現状を知った。元気なうちにもっと話し合って準備しておけばよかった」と後悔が残り、本の執筆を決めた。

 ○…漫画家、地域支援員、大学のイラスト講師と”トリプルワーク”をこなす忙しい日々。一人娘は社会人になり、現在は夫と2匹の愛猫と暮らす。今後は介護をテーマにした漫画本を出すことが密かな夢だ。「人は死に直面した時に初めて生を再確認する。私の本で多くの人が後悔のない人生を歩んでもらえれば」

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク