横須賀版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

浦賀ドック周辺地 「住重」が市に無償寄付 造船所跡の一部、来年3月締結

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
1899年完成のドライドック。底部分から撮影
1899年完成のドライドック。底部分から撮影

 横須賀市の上地克明市長は今月11日、住友重機械工業株式会社旧浦賀工場内にある国内最古級とされるレンガドックを含む周辺部の土地を同社から無償で寄付を受けると発表した。来年3月末の締結をめざす。活用方法については、産業遺産であるドックの展示を中心とした集客施設を想定しており、具体的な方向性を庁内で検討する。浦賀の再生に明かりが灯り、地域からは希望の声が広がった。

 市長就任以来、同社との信頼関係構築に努めてきたという上地市長は、この日の記者会見で「クリスマスプレゼントが届いた」と喜びを表した。市が主導的に行っていた浦賀国際文化村構想や浦賀港周辺の整備計画を白紙にし、レンガドックの歴史的価値を後世に残して欲しいと伝えたことで事態が動いたと説明した。

 全体の敷地面積約9万9千平方メートルの内、寄付を受けるのは西側の約2万7千平方メートルの部分。今年2月に同社から打診を受け、4月に正式決定の方針が伝えられた。

 上地市長は自身が掲げる「海洋都市構想」の中核に位置付け、レンガドックを中心とした保存活用の方針策定を急ぐ。同社が所有する残りの土地については、連携を密にして、市の意向を理解してもらえる約束を取り付けているとした。

 郷土史研究家でレンガドックなどの近代産業遺産に明るい山本詔一氏は、「ドックの心臓部であるレンガのポンプ室跡など貴重な資料を活かした展示を期待するとともに、近代国家を成立させるための役割を担った造船技術の物語を市と力を合わせて伝えていきたい」と期待を話した。
 

横須賀版のトップニュース最新6

政治決戦も争点見えず

横須賀市長選

政治決戦も争点見えず 政治

コロナ対応優先(上地氏)/石炭火力発電所建設中止(岸氏)

6月18日号

市内コースも中止が決定

東京五輪聖火リレー

市内コースも中止が決定 スポーツ

県内3カ所で点火セレモニー

6月18日号

ワクチン接種 工程前倒し

横須賀市

ワクチン接種 工程前倒し 社会

ロス対策に対象者拡大

6月11日号

市長「粛々と就航準備」

横須賀新港フェリー問題

市長「粛々と就航準備」 経済

既存事業者との溝埋まらず

6月11日号

接種促進 経済も回せ

新型コロナワクチン 「済証」提示で割引サービス

接種促進 経済も回せ 経済

6月4日号

屋内外で分かれる対応

プール開設

屋内外で分かれる対応 経済

判断基準は更衣室やレーンなど

6月4日号

横須賀ロータリークラブ

1951年創設、70年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

一般社団法人ヨコスカジャズ協会

軍都の街・横須賀がジャズに染まる─横須賀トモダチジャズ

http://tomodachi-jazz.org/2019/

神奈川歯科大学

歯学部 大学院 短期大学(歯科衛生学科・看護学科)専門学校

http://www.kdu.ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter