横須賀版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

神奈川県警 "動く交番"4月試験運用 警察車両活用で見守り

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
『アクティブ交番』車両の運用イメージ
『アクティブ交番』車両の運用イメージ

 神奈川県警察は交番の老朽化や警察官の人員不足等の課題解消に向け、4月1日から県内12カ所で警察車両を活用した「アクティブ交番」の試験運用を開始する。市内では三春町三丁目交番(横須賀警察署)と大津駅前交番(浦賀警察署)が3月末にそれぞれ近隣交番と統合され、廃止となる。

 「アクティブ交番」では普段は所定位置に駐車され、張り出したテントの下に机と椅子を設置。拾得物の届け出や住民からの相談受付など、これまでの交番業務を引き継ぐほか、事案発生時には現場へ向かい、パトロール活動も行うパトカーの役割も担う。両エリアで各1台を配備し、それぞれ3カ所を拠点として運用される予定。

 県内の交番配置数は2003年を機に減少傾向。田浦署を含む市内3署管轄の交番も同様で最多30カ所から、現在は統合予定の2交番を含め26カ所となっている。統合により人員を集約することで事件事故への対応力強化を図るほか、時代によって変化する住宅・交通事情等に即してより柔軟に治安維持活動を展開。諸課題がある中でも人や時間をより有効に活用し、地域の治安を維持し続けることを目指す。

 県下全体の対策として策定された「神奈川県警察交番等整備基本計画」に基づき、29年度までに現在の471カ所ある交番を400カ所ほどに統合予定。「アクティブ交番」として21年度から順次試験運用し、新たな地域防犯の在り方を模索する。市内や県内の各配備場所等は今後、県警ホームページで公表される。
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

造船のまち、市井の営み

地域映画

造船のまち、市井の営み 教育

蘇る昭和40~50年代の浦賀

2月26日号

10年経っても続く支援

東日本大震災

10年経っても続く支援 社会

コロナ禍で復興願う市民団体

2月26日号

「一刻も早く一人でも多く」

横須賀市

「一刻も早く一人でも多く」 社会

新型コロナ予防接種、個別を主体に

2月19日号

一般会計予算1595億円

横須賀市

一般会計予算1595億円 政治

コロナ対策、経済回復に積極投資

2月19日号

「圧倒的な花畑」に変貌

ソレイユの丘

「圧倒的な花畑」に変貌 経済

事業者交代 23年4月に再オープン

2月12日号

"動く交番"4月試験運用

神奈川県警

"動く交番"4月試験運用 社会

警察車両活用で見守り

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク