横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

横須賀市 「一刻も早く一人でも多く」 新型コロナ予防接種、個別を主体に

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
集団接種会場の横須賀アリーナ(写真上)とさいか屋
集団接種会場の横須賀アリーナ(写真上)とさいか屋

 横須賀市は今月15日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、市内医療機関での個別接種を主体に集団接種を並行する「分離型体制」で進める方針を明らかにした。集団接種の会場は横須賀アリーナと商業施設の「さいか屋」を使用。行政と医師会・病院会の連携で速やかかつ安全な接種体制を構築していく。

 市は15日の会見で個別と集団の接種を組み合わせた「横須賀モデル」の体制を発表した。接種対象者の移動時間を最短にするため、かかりつけ医や自宅近くの医療機関での接種を推奨し、集団での接種を希望する人にも対応できるよう会場を設ける。現在、市医師会が市内医療機関に対応可否のアンケートを行っており、同会の遠藤千洋会長は「インフルエンザの接種協力機関と同程度、200カ所くらいを見込んでいる」と話す。集団接種会場は2カ所で、さいか屋の新館5・6階フロアと不入斗町の横須賀アリーナ。市は「さいか屋は公共交通機関のアクセスも良く、中央地区で勤務する人も接種しやすい。横須賀アリーナは駐車場も多く、デイサービスや福祉タクシーなどでも来やすい」と説明。上地克明市長は「『一刻も早く一人でも多く』に重点を置き、移動の制約などによる接種機会の喪失を減らし、安全に接種できる体制」と話す。

LINE予約も可

 体制が整い次第、まずは接種が優先される65歳以上の市民(約12万5000人)を対象に接種券を郵送する。予約は個別・集団問わず、無料通信アプリのLINEや市のwebサイト、コロナ接種専用のコールセンターで受付。3月下旬ごろからの開始を見込んでいる。

 さらに、市では接種後に配布する「接種済証」の提示による特典も検討。一例としては、さいか屋でサービス提供を企画しているほか、市内商店会での実施も視野に入れており、済証の紛失防止と接種を機にした中央地区への集客も期待する。ワクチン供給については、集団接種会場に設置する超低温冷凍庫を拠点に、個別接種会場に配送する体制を整える。

 医療従事者への接種に関しては、市内では医師や看護師など約5300人が希望しており、3月上旬ごろから、所属の病院などで接種を行っていくという。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

造船のまち、市井の営み

地域映画

造船のまち、市井の営み 教育

蘇る昭和40~50年代の浦賀

2月26日号

10年経っても続く支援

東日本大震災

10年経っても続く支援 社会

コロナ禍で復興願う市民団体

2月26日号

「一刻も早く一人でも多く」

横須賀市

「一刻も早く一人でも多く」 社会

新型コロナ予防接種、個別を主体に

2月19日号

一般会計予算1595億円

横須賀市

一般会計予算1595億円 政治

コロナ対策、経済回復に積極投資

2月19日号

「圧倒的な花畑」に変貌

ソレイユの丘

「圧倒的な花畑」に変貌 経済

事業者交代 23年4月に再オープン

2月12日号

"動く交番"4月試験運用

神奈川県警

"動く交番"4月試験運用 社会

警察車両活用で見守り

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク