横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

あなたのエピソードでつづる―おもひでの「さいか屋横須賀店」

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

「アドバルーンに込めた思い」

 「さいか屋横須賀店」で店長職に就いていました。さいか屋は2022年に創業150周年を迎えます。そこへ向かう繋ぎ目として、今から9年前の2012年に「140周年大創業祭」を催しました。

 目玉企画の一つがアドバルーン。風船型の広告を屋上から大空に向けて掲げました。昭和30年代に子ども時代を過ごした私にとって、アドバルーンは百貨店のイメージそのもの。「輝きを放っていた時代よ、再び」といった思いを込めたのです。

 雑賀屋呉服店から始まる店舗と街並みの変遷を写真で振り返る展示も開きました。これの準備中に、資料室から旧日本海軍の連合艦隊総司令長官山本五十六大将がさいか屋2代目社長に宛てた手紙を発見。歴史の重みをしみじみと感じたことを覚えています。

 私自身は1978年に入社し、旗艦店である横須賀店を中心に”百貨店マン”として定年まで勤めました。業界の浮沈を経験する中で、2010年には「大通り館」の閉館も。建物が解体される様を寂しさと再起を期さねばとの思いで眺めた記憶があります。

 百貨店のビジネスモデルは変革期を迎えています。OBとして新生さいか屋の躍進を陰ながら応援しています。

《逗子市在住/杉浦正典/65歳》
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のコラム最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク